ミニマムなワーカープレイスメント『ミントワークス』日本語版、12月1日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

mintworksJ.jpg沖縄のアナログゲームショップ「サイコロ堂」は12月1日、『ミントワークス(Mint Works)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.ブラスケ、イラスト・F.ジャクソン&T.タンブリン、1~4人用、13歳以上、10~20分、1800円(税込)。
オリジナルはファイブ24ゲームズ(現・ポケット、アメリカ)から2017年に発売された。コンパクトな金属缶に入ったシンプルなワーカープレイスメントゲーム。
ミントコマを配置してアクションを行う。計画カードを取る、計画カードを建設する、ミントを増やす、スタートプレイヤーを取るなどのアクションがあり、計画カードを建設すると得点や特殊能力が得られる。誰かが7点以上獲得するか、計画カードが場札に補充できなくなったらゲーム終了で、最高得点を獲得したプレイヤーが勝利する。
どこへでも持ち運べるコンパクトな大きさとシンプルなルールにより、手軽にワーカープレイスメントゲームを楽しめる作品だ。
内容物:ルールブック、スタートプレイヤーマーカー、白ミント 30個、赤ミント 6個、カード 33枚(場所カード10枚、計画カード21枚、AIカード2枚)
サイコロ堂:ミントワークス日本語版

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です