ポルトガル年間ゲーム大賞2020に『バラージ』

このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルトガルのボードゲームサイト「シュピール・ポルトガル」は25日、2020年のポルトガル年間ゲーム大賞(Jogo do Ano)を発表した。5タイトルの最終候補から、審査委員会の投票によってイタリアの水力発電ボードゲーム『バラージ(Barrage)』が選ばれた。

ポルトガル年間ゲーム大賞は2006年からスタートし、14回目を迎える。サイトのメンバーが10タイトルの新作を挙げ、その中から最終候補を5タイトルに絞って投票にかけられる。コンポーネント、テーマ、システム、繰り返しプレイする価値、インタラクション、総合的な楽しさの6項目で審査され、ベストゲームが決まる仕組み。過去には『ブラス』『キーフラワー』『ネイションズ』『ラ・グランハ』『モンバサ』『グレートウェスタントレイル』『ルート』などのゲーマーズゲームが選ばれている。

『バラージ』はクラニオ・クリエーションズ(イタリア)が昨秋発売した水力発電ゲーム。国営企業のCEOとなり、ダムによる水力発電によってエネルギー開発を競うワーカープレイスメントゲームで、国際ゲーマーズ賞にも選ばれた。日本語版はテンデイズゲームズから発売済。ポルトガル年間ゲーム賞からは、恒例の授賞したゲームをあしらった美しいトロフィーを授与される。

ノミネートも遊びごたえのあるゲーマーズゲームばかり。その中で『マラカイボ』と『クリスタルパレス』がテンデイズゲームズから、『クーパー・アイランド』がアークライトから日本語版で発売されている。

【ポルトガル年間ゲーム大賞2020】
大賞:バラージ(Barrage / S.ルチアーニ&T.バティスタ / クラニオ・クリエーションズ)
ノミネート:マラカイボ、パイプライン、クーパー・アイランド、クリスタルパレス

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です