ゲームマーケット2021大阪:出展受付本日まで、申込少数なら中止も

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームマーケット事務局は、来年3月28日(日)に開催予定の「ゲームマーケット2021大阪」の出展申込を本日23:59まで受け付けている。出展申込が330件未満の場合は開催中止となることが発表されており、最新の申込状況(11月16日)は200件となっている。
「ゲームマーケット2021春」が4月10日と11日(11日のみの可能性も)、東京ビッグサイトで開催されることが先月に決定。先に予定されていた「ゲームマーケット2021大阪」との間隔が2週間と短いことから、出展者・来場者が少なくなることが見込まれたため、条件付きの開催となった。中止となった「ゲームマーケット2020大阪」の出展申込数の4分の3にあたる330件に満たなかった場合、開催が中止となる。
出展形式は一般と大型の2種類で、それぞれ15000円と40000円から(税別)。ボードゲーム、カードゲーム、TRPG、SLG、TCG、ゲームブック、書籍、同人誌、コマ、サイコロ、中古アナログゲーム、アナログゲームを題材にしたデジタルゲームなど、アナログゲームに関するあらゆるアイテム(成年向けは不可)が対象となる。申込方法や、新型コロナウィルスの感染防止対策を含め、申込時の注意点はウェブページに記載されている。
ゲームマーケット公式:ゲームマーケット2021大阪出店申し込み link
同:ゲームマーケット2021大阪感染症対策(出展者向け項目)に関しまして
ゲームマーケット事務局によれば例年、最終日の駆け込み申し込みが多いとのことで、規定数を達成する可能性は十分にある。サンセットゲームズ代表のこかど氏は開催中止になった場合、西日本のボードゲーム離れが進むことを危惧し、不足分を全てサンセットゲームズで借りることを発表している。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です