最適な生態系は……『エコス ~原初の大地~』日本語版、11月12日発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

ecosJ.jpgアークライトゲームズは11月12日、『エコス ~原初の大地~(Ecos: First Continent)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.D.クレア、イラスト・S.ミラモン&M.パケット、2~6人、14歳以上、45~75分、8000円(税別)。
オリジナルはAEG(アメリカ)から2019年に発売された。原初の地球で生態系をつくり上げるタイル配置ゲーム。先日発表された今年のオリジンズ賞でベストボードゲーム部門にノミネートされている。作者には『スペースベース』『ミスティックベール』『カスタムヒーローズ』などの作品がある。
中央に4枚の六角形タイルを並べ、各プレイヤーは手札から3枚のカードをアクティブにしてスタート。毎ラウンド、親プレイヤーがバッグからエレメントトークンを引き、そこで出てきたエレメントを利用して各プレイヤーはカードをプレイしたり、カードの効果を発動させたりする。同時進行で行動するため、ゲームのテンポがよい。
カードの効果によって新しいタイルを配置したり、タイルに山岳や森林を作ったり、動物トークンを置いたりし、パターンマッチングによって得点する。誰かが80点を越えたらゲーム終了で、最高得点を上げたプレイヤーが勝利する。
カードは105枚あって全てユニーク。遊ぶたびに展開や戦術が大きく変わる。使用できないエレメントはエネルギーに変換したり、手札に追加したりすることができ、カードと盤上の行く末をよく見た戦略が問われる。
重量感のあるエレメントトークン、組み立て式のトークンケースとキューブ箱、102個の動物トークンと豪華なコンポーネントも見もの。ゲーム終了時にはどんな世界ができあがるだろうか?
内容物:カード 105枚、山岳トークン 15個、地形タイル 75枚、元力キューブ 66個、キューブ箱 1個、動物トークン 102個、トークンケース 2個、得点マーカー 6個、得点ボード 1枚、森林トークン 25個、ダイヤルトークン 6個、エレメントトークン 40個、袋 1枚、ルール説明書 1冊(※カードサイズ 80mm×80mm)
ecosJ2.jpg

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です