めくって重ねて五目並べ『プント』日本語版、6月4日発売

puntoJ.jpgアークライトゲームズは6月4日、五目ならべカードゲーム『プント(Punto)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・B.ヴェーバー、2~4人、7歳以上、20分、1600円(税別)。
オリジナルはゲームファクトリー(スイス)から2018年に発売された。デザイナーのヴェーバー(ドイツ)には『水路』『チーズのお城』『キツネのパーティー』などの作品がある。
各プレイヤーは1~9個の点が描かれた担当色のカードの山を持ち、手番には自分の山から1枚引いて6×6枚になるように場に置く。置く場所はすでにカードのあるところに隣接するか、点がより少ないカードに上書き。自分の色がタテかヨコかナナメで一定枚数(2人なら5枚、3~4人なら4枚)並べば勝利で、先に2勝することを目指す。
毎回山札から引いて置くことで運の要素があると同時に、置ける場所はどんどん限られていく中でどこに置くか戦術的要素もある。勝者はハンデとして自分が出した最も点が多いカードを山から除外しなければならず、2回目の勝利は難しくなる。
2人プレイでは2色を担当、3人プレイでは1色が中立、4人では2対2のチーム戦もできる。
内容物:カード 72枚(カードサイズ:50mm×50mm)、ルール説明書 1枚

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です