サイレントパーティー(Silent Party)

このエントリーをはてなブックマークに追加

笑ってはいけない
silentparty.jpg
2枚のカードで言葉を作り、笑わないように我慢するゲーム。『犯人は踊る』の鍋野企画がゲームマーケット2018大阪限定で少部数頒布した。ゲームマーケット2018春には頒布されなかったが、様子を見て再版したいという。
山札から2枚を出してスタート。手番には手札から1枚、2枚のカードのどちらかの上に置き、その言葉を読み上げる。5秒間、誰も笑わなかったら次の人へ。3回笑ったら負けである。
笑ってはいけないというシチュエーション自体、おかしくてたまらないものであるが、カードの言葉が生み出す意外な組み合わせが我慢の限界を超えさせる。今回は「徐々に まるだし」と「やけに平たい マン」が自分の笑いのツボにはまった。
ツボにはまらないように、響きだけで笑わないようビジュアルイメージをもっておいたが、それが仇となってかえって笑えることも。さらに今回は、思い出し笑いまでしてしまってもう止められず。
変な節やジェスチャーをつけて言ったり、5秒間に笑いそうな人の顔を覗き込んだりと、パーティー要素もつけられる。笑いを我慢するのがこんなに辛いとは、そして笑って解放されるのがこんなに気持ちいいものだとは思わなかった。
サイレントパーティー
鍋野ぺす/鍋野企画(ゲームマーケット2018大阪)
3~5人用/12歳以上/15分

Author: admin