擬音フェスティバル(Gion Festival)

このエントリーをはてなブックマークに追加

音響イメージ学
擬音フェスティバル
山札からランダムに生成される擬音に、何の音か考えて発表するゲーム。するめデイズがゲームマーケット2015秋で発表した3タイトルのひとつ。そう言われればそう思えてくるから不思議だ。
ダイスを振って出た目の数だけ手札からカードを出す。「ゴ」「ニ」「パ」「リ」「-」こうしてできた擬音が今回のお題である。各自、それが何の音なのかをメモに書き出し、順番に発表。
「ぬれせんべいと普通のせんべいを重ねて食べた音」「地震のさなか、鉄球で強化ガラスが割れる様」全員が出そろったら、一番良いと思うものを順番に投票し、最多得票者に1ポイント。これを2周行う。
最後に得点の多かった人が、山札からめくられた擬音を一気呵成に読み上げ、かまなかったら勝利(笑)。
カードの文字がマンガ調になっており、言葉だけではイメージしきれなくても、文字のビジュアルでイメージできるところがよい。勢いで思いつくか、少し考えてひねるかはプレイヤー次第。「まんまやん!」「エロい!」いちいちツッコんだり、ノリのよいコメントをしたりして盛り上がろう。
擬音フェスティバル
さいころK/するめデイズ(2015年)
3人以上/8歳以上/30分
するめデイズ:擬音フェスティバル

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です