ニュルンベルク’15新作情報:アバクスシュピーレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カカオ(Cacao)
P.ウォーカー=ハーディング作、2~4人用、8歳以上、45分。
このゲームはプレイヤーを「神々の果実」のエキゾチックな世界に誘います。部族長となり、カカオ取引によって自分の部族に名声と幸せをもたらすことを目指します。ワーカータイルをうまく配置し、神々の力を駆使すれば、富がもたらされるでしょう。シンプルなルールと短いプレイ時間で楽しめるファミリー向け配置ゲームです。
手番にはワーカータイルを配置し、隙間が埋まるようにジャングルタイルを置きます。そしてワーカータイルのワーカーで、隣接するジャングルタイルのアクションを行います。隣接していれば、ほかのプレイヤーもアクションを行えるところが特徴です。アクションはカカオを収穫したり、収穫したカカオを換金したり、水を手に入れたりします。最後は所持金で勝敗を決めます。

マンモズ(MammuZ)
N.パガゾフ作、3~7人用、7歳以上、20分。
氷河時代にようこそ。サーベルタイガーやマンモス、恐竜を探しに行きます。自分の手札をできるだけ早くなくさなければなりません。いくらでもインチキをできますが、捕まらないようにしましょう。
手番には手札を1~4枚裏にして出し、どの動物をいくつか言います。ウソを付くこともできます。次の人は同じ動物で数字を上げるか、前のプレイヤーにダウトをかけます。ダウトをかけるときは前のプレイヤーが出したカードを1枚だけめくってチェックします。そのとき恐竜カードが出ると、カードを配り直したりリセットしたりといった効果が発生します。うまく罠にはめられるか、逆に自ら墓穴を掘ってしまうのか、相手がカードをめくるまで分かりません。さらに、手札に動物の種類がなくなると、そのことを示すカードを取らなければならず、ウソをつきづらくなっていきます。

ジャンボ・カンパニー(Jumbo & Co)
D.ヴェント作、3~6人用、8歳以上、15分。
イヌ、ネコ、ネズミ、そしてゾウ。各プレイヤーは、次のものを手に入れることを目指します。しかし獲物が大きすぎると、自らが捕まってしまうことが多いでしょう。楽しいカードのハンティングは病みつきになります。
一斉にカードを出し、イヌを出した人はネコ、ネコを出した人はネズミ、ネズミを出した人はゾウ、ゾウを出した人はイヌのカードを取ります。ほかの人も同じカードを出していれば、取れるのは数字の大きい方です。一番大きい数字がバッティングすると、次点の人に権利が移ります。こうして獲得したカードの得点合計を競います。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です