第2回UNOアジア大会で日本人小学生優勝

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月23日、シンガポールのショッピングセンターにて第2回UNOアジア大会決勝が行われ、日本代表の小学2年生、阿部隼士君が優勝した。賞品としてシンガポール2泊3日の旅がプレゼントされた。
昨年の東京大会に続いて行われ、シンガポール代表が優勝したアジア大会。今年は台湾が不参加となり、日本、シンガポール、マレーシア、香港、インドネシア、インド、フィリピンの6カ国が参加した。小中学生(7~15歳)限定の大会で、国内予選も含む参加人数は合計3万人に達した。日本では3~8月にかけて全国で33回の予選が行われ、10月に京都で全国大会が行われている。
大会では『UNO』と『UNOアタック』が用いられ、2ゲームの合計得点を競う方式。上がったときに、ほかの人に残っていた手札が失点、その合計が上がった人の得点となる。決勝では、大量のカードが行き交う『UNOアタック』で阿部君が逆転優勝した。
阿部君は取材に対し、「相手のようすを見ながら別々にカードを出していく」「例えば顔がちょっと笑ったり、特定の色だけをじーっと見ていたりする人をよく見る」といった非凡なコメントをしている。
2015年のアジア大会も開催される見込みで、年明けから国内予選が始まる。
アジアUNOチャレンジ
レスポンス:3万人が挑んだUNOアジア大会、優勝は小学2年生の日本人…その「攻め方」を聞く

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です