トイレ大戦争(Toilet Wars)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お漏らし出直し
トイレ大戦争
便意を我慢しながら会社へ向かう通勤サラリーマンたちの人間の尊厳をかけた戦い。もらしてしまったら自宅に戻ってお着替えだが、ちょっと足が早くなるぞ。
ゲームマーケット2014春で初出展のPURPURINが発表した作品で、新作評価アンケートでは規定票数に届かなかったものの高い評価を得た。スピーディーなレースゲームで、ぎりぎりの線で綱渡りしていく焦りが体験できる。
各プレイヤーには我慢メーターがあり、0まで下がるとお漏らし。毎ラウンド、サイコロを振って全員その数だけ下がる上に、各自サイコロを振って止まった駅でも下がる。どんだけお腹がゆるいのか。
我慢メーターを回復させるには、パスをしなければならない。ただしパスをしたからといって回復できるとは限らない。それがこのゲームの特徴「ユニバーサル・トイレシステム」だ。駅によってトイレの数が異なり、そのラウンドに回復しようとしてパスをしたプレイヤーの数が、自分のいる駅のトイレの数を上回ってしまうと、トイレに入れない。
例えばトイレが4つある駅だったら、4人プレイでは全員パスしてもトイレに入れる。でもトイレが1つしかない駅では、自分以外に1人でもパスした人がいたらアウトだ。パスするか進むかは、ウンチコマを握って一斉公開するバッティング制。トイレの少ない駅でヤバくなっている人がいたら、自分はまだトイレに行かなくていいのにあえてパスして陥れるのもアリ。漏らすぜー!
でも漏らしても終わりではない。着替えのためふりだしに戻ってしまうが、漏らした駅のカードを受け取り、その枚数だけダイス目にプラスされる。それにカードは減っていくのでゴールも近くなる。尊厳はもうないかもしれないが、逆転は十分に可能だ。あえて前半に漏らしまくって一気に進むという作戦もある。最初に会社に着いた人の勝ち。
3人プレイで20分ほど。順調にトップを進んでいたが、会社近くのトイレが少ない駅が続いたところでピンチに。息絶え絶えになって入った駅で陥れられて失禁。先にお漏らししたkarokuさんの後を追いかけることになる。デッドヒートを繰り広げていたが、ふうかさんが難所を乗り切り、ノーお漏らしで1位。3人だとトイレに入りやすいが、人数が多いと脱落することが多くなるだろう。会社までの道のりは遠い。
トイレ大戦争
?/PURPURIN(2014年)
3~6人用/8歳以上/30分
品切れ、再版待ち
PURPURIN:トイレ大戦争

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です