『会話型心理ゲーム 人狼(JIN-ROU)』発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


幻冬舎エデュケーションは本日、『会話型心理ゲーム 人狼(JIN-ROU)』を発売した。4~20人用、10歳以上、10~50分、1575円。

地上波テレビで放映されるなど、話題となっているコミュニケーションゲーム。配られたカードにしたがって「市民チーム」と「人狼チーム」にわかれ、会話や言動などから推理をして、市民チームは市民になりすましている人狼を追放することを、人狼チームはうまく騙して市民を減らすことを目指す。

国内では2001年からイタリア、フランス、アメリカの外国語版(『タブラの狼』『ミラーズホロウの狼』『汝は人狼なりや?』など)が流通していたが、2006年に『タブラの狼』、2010年に『究極の人狼』が日本語版で発売。また昨年、株式会社人狼が国産では初となる『うそつき人狼』を発売した。今回はその株式会社人狼が監修。幻冬舎エデュケーションが取り扱うことにより、全国の書店・玩具店で入手できるようになる。

多人数でないと遊べないゲームだが、本作では4人から遊べるルールを採用して、家族などの小人数でも楽しめるようになっている。特殊な役職は預言者、ボディガード、霊媒師、裏切り者の4種類というベーシックな内容で、未経験者から人狼ゲームファンまで、幅広く楽しめるようになっている。

株式会社人狼:会話型心理ゲーム 人狼(JIN-ROU)
幻冬舎エデュケーション:会話型心理ゲーム 人狼(JIN-ROU)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です