ホビージャパン、3、4月の輸入リストを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは3月上旬から4月下旬に発売する輸入ゲームリストを発表した。英語などの外国語版だが、日本語ルールが添付される。

アーキペラゴ拡張アーキペラゴ:ソロエキスパンション(Archipelago Solo Expansion)
C.ベーリンジャー/アスモデ(ルディカリ)/1人用/20~90分/2,310円
諸島開拓・開発ゲーム『アーキペラゴ』に早くもソロプレイ専用のエクスパンションが登場。
クリストファー・コロンブスのように新たな地を見つけるのか、ロビンソン・クルーソーのように一人で見知らぬ無人島に流れ着いてしまったのか、さまざまなシチュエーションのシナリオが27種類用意されており、比較的短いものから手ごたえのあるものまで、さまざまなものが加わる。
ソロプレイゲームが注目されつつある中で、人気のゲームをソロプレイ可能とするという斬新なエクスパンションだ。プレイするためには『アーキペラゴ』基本セットが必要。

ジャングルスピード ポータブル:ダーク/シルバー(Jungle Speed Dark/Silver)
アスモデ/3~4人用/15分/各1,890円
世界中で大ヒット中のパーティゲーム『ジャングルスピード』を簡単に持ち運べるよう、濡れても大丈夫なプラ製の円形のカードを、トーテム付きのカラビナに通したセット。旅行だけでなく野外やビーチでも手軽にプレイできる。
ダークとシルバーの2種類があり、それぞれトーテムの色とカードの絵柄が異なるので、2種類合わせてプレイすることも可能だ。 

ジャングルスピードポータブル

ダンジョンロード:フェスティバル・シーズンダンジョンロード:フェスティバル・シーズン(Dungeon Lords: Festival Season.)
V.フヴァチル/ズィーマンゲームズ(チェコゲームズ出版)/2~4人用/120分/5250円
ダンジョン経営ゲームに役立つさまざまなものを追加する拡張セット。
「ダンジョン経営を2年間行う」という基本は変わらず、毎年の最後にもう一つの季節―祭りがやってくる。ダンジョンを立派にすれば、それだけ強力な冒険者たちがやってきてしまう。そこで新たなモンスター、部屋、罠を導入することで、来るべき決戦に備えよう。残念なことに、冒険者たちも卑怯な呪文を入手し、姑息な吟遊詩人が「英雄的な行い(?)」を鼓舞してくる。町に行く前に善行を行うよりもほかの経営者に悪事をそそのかすか、昔ながらに金鉱掘りをやめて投資に金を回すか、冒険者にめちゃくちゃにされた部屋や通路を、新たなものを作るのではなく修復するか?
選べるアクションは基本セットと同じく8種類だが、そのうちどれかが別の選択肢に変わり、さらに悩ましくなるだろう。

ウルビオンウルビオン(Urbion)
S.トーベイ/ズィーマンゲームズ/1~2人/15分/1,680円
永劫の時、夢魔(インキュビ、不幸、悪夢)とソニア(幸せ、明るい夢)は対立しながらも補い合う平衡境界『ウルビオン』で息づいていた。この都市の王として、このふたつの夢を確立しつつ、微妙な平衡を保ち続ける。そのために、様々な地域に夢魔とソニアの夢を置き、その力を縛りつつ、不和と憎悪を糧に育つ恐るべき存在である混沌に気を配ろう。
『オニリム』のデザイナーによる、夢をテーマにした1人用、または2人協力型のカードゲームで、『エクィリブリオン』から商品名変更になった再販品。プレイヤーはゲームのルールに対抗しながら、「夢」カードの山札がなくなる前に「都市」カードを協力して獲得する。勝利は12枚の都市カードの調和を保つことでもたらされる。都市カードの横に出された夢カードの合計が平衡状態(0)になったとき、その都市カードを獲得。夢カードは上手にプレイするか、適切なときに捨て札にしなければ破滅的な事態が訪れる。そして混沌カードのペナルティも回避しなければならない。

グランドフロアグランドフロア(Ground Floor)
D.ショート/テイスティ・ミンストレル・ゲームズ/2~6人/120分/7,980円
その日が来た。書類は完璧で、申請書は記入済みで、名刺も忘れずに……仕事に取り掛かろう! 今日は業務時間を何に費やそうか、何に出資をするのか、どの案件が最も重要で、最優先事項は何なのか、新たな従業員を雇うべきなのか、それとも営業のためのキャンペーンをするべきなのか―新進気鋭の企業家であるプレイヤーが、事業を成功させるためにはこのようにさまざまなことに直面する。そのためには、常に必要なのに不足しがちな労働時間と資金と従業者をうまく回していかなければならない。
同業者と取引をし、従業員を管理し、情報を集め、事務所を拡充し、次の出荷計画を立てる。いずれは巨大な摩天楼の高層階に事務所を構えるとしても、まずは一階(グランドフロア)からあなたのビジネスは始まるのだ。
出資サイト、キックスターターの企画で人気を集めた本格的な経済ゲーム。自分の事務所に配置するタイルによる能力や、テナントによる能力、リソース管理など様々な要素を備えている。

スカイラインスカイライン(Skyline)
D.ショート/テイスティ・ミンストレル・ゲームズ/1~4人/15分/4,200円
キックスターター発のダイスゲーム。都市建設は運試しではないが、このゲームで都市を作り上げることはこれまでの都市建設ゲームよりはるかに簡単だ。それはダイスを振って、建物を建てるだけ。
必要な資材を選んで、必要な目を出す。得点となるのは完成したビル。建築資材置き場にあるダイスはそれぞれ目の比率などが異なり、得点の高い床面積の大きな建物ほど当然立てにくく、また高いビルほど完成させるのが難しくなる。運に見放されたのであれば、建物を建築する代わりに破壊することもできる。他のプレイヤーのビルの建築を邪魔することも可能だ。
他のプレイヤーの建築進行状況を注意しながら、効率よく建築を繰り返し、巨大な摩天楼を建て、天と地の境界線(スカイライン)をわがものとしよう。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です