シュピール’12新作情報:パールゲームズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『トロワ』『トゥルネー』と高い評価を得ているベルギーの出版社が3年目を迎えます。
ギンコポリスギンコポリス(Ginkgopolis)
X.ジョルジュ作、1〜5人用、13歳以上、45分。
2212年、地球の資源はなくなり、世界最大にして最古の銀杏の木が都市再建のシンボルとなりました。生産と消費のバランスに気を付けて都市を発展させなければなりません。
アクションカードを同時に公開して、時計回りにアクションを実行します。カードの種類(赤:資源、青:タイル、黄色:勝利点)によって資源を受け取ったり、タイルを配置して都市を広げたり、すでに配置されたタイルの上に新しいタイルを重ねたりします。タイルを配置する場合は、ボード周囲のアルファベットに対応しておかなければなりません。タイルの階数が多いほど、資源や勝利点が多くもらえるようになります。
残った手札は、それぞれ左どなりのプレイヤーにわたし、1枚補充して次のアクションを選びます。
ゲームの最初からもっているキャラクターカードと、またタイルを配置するともらえるパワーカードでアドバンテージが得られます。これらを効率よく使って、勝利点の最も多いプレイヤーが勝利します。
お金ないんでルール読んで妄想遊戯:パールゲームズ新作 『Ginkgopolis』
ギンコポリス
トロワの淑女トロワの淑女(The Ladies of Troyes)
S.ドゥジャルダン、X.ジョルジュ、A.オーバン作。
『トロワ』の拡張セット。どの色としても使え、ほかのプレイヤーが購入できない紫のダイスと、活動カード27枚、イベントカード6枚が入っています。新しい女性のキャラクターが登場します。街の外でイベントが起こり、城壁の護衛が駆り出されます。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です