ゲリー・ゴーダ(Gary Gouda)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通れない…!
ゲリー・ゴーダ
エッセン国際ゲーム祭において、キッズゲームメーカーの大手ハバ社では毎年、巨大ゲームをもちこみ、子供たちに遊ばせている。今年の巨大ゲームとなったのがこの作品。ハバ社のイチオシというわけである。
ボードを使って16分割された部屋。ここに落ちているチーズを拾ってゴールを目指す。ダイスでスタートとゴールの部屋を決めたらスタート。ネズミは手で押して、穴を通って次の部屋に移動する。チーズのある部屋に入ったら、ネズミの下にチーズをドッキング。ちょっとだけ体高が上がる。チーズはいくつ取ってもいいが、穴を通れなかったら終了。無事にゴールまで着けばチーズを確保できる。チーズを補充して次の人の手番へ。
はじめはどんなギミックなのかみんな分からなかった。始まるとすぐ、体高によって通れる穴と通れない穴があることに気づく。チーズ1個なら通れるが2個なら通り抜けられない(ネズミ+チーズが穴に引っかかる)とか、3個までは通り抜けられるとか。いったいどうなってるの?
でも、記憶ゲームであることは分かった。見た目では全く分からない穴を、「ここはチーズ1個でしか通れない」とか「ここは2個まで通れる」というように覚えていくのである。大通しになっているスタートとゴールの部屋の穴を除くと、穴は16。覚えるのは容易でない。
序盤から欲張らずに1〜2個でゴールを目指し、コンスタントにチーズを増やした私がそのまま逃げ切り勝利。逆転を狙うkarokuさんが集める気満々でスタートした途端、1個も取らずに穴にひっかかったのには笑った。
ゲーム終了後、穴の仕組みをみんなで確認。壁に差し込む穴の大きさが違うのだが、穴の下のほうは床下に沈み込んでいて、見た目では同じ穴の大きさに見える。ネズミが通ると穴が引っ張り上げられ、大きい穴なら通り抜けられるが、小さい穴だとひっかかるという仕組みだった。穴はゲームごとに差し込む場所が違うので、最初から覚えておくことはもちろんできない。
Gary Gouda
G.ホフマン/ハバ(2011年)
2〜6人用/4歳以上/10分
国内発売未定

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です