ポルトガル年間ゲーム大賞に『トロワ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルトガルのボードゲームサイト「シュピール・ポルトガル」は7月12日、2010年のポルトガル年間ゲーム大賞(Jogo do Ano)を発表した。5タイトルの最終候補から、審査委員会の投票で『トロワ(Troyes)』が選ばれた。
ポルトガル年間ゲーム大賞は、サイトのメンバーが10タイトルの新作を挙げ、その中から最終候補を5タイトルに絞って投票にかけられる。コンポーネント、テーマ、システム、繰り返しプレイする価値、インタラクション、総合的な楽しさの6項目で審査され、ベストゲームが決まる仕組み。過去には『アグリコラ』『ブラス』『インペリアル』『マリア』などが選ばれている。
『トロワ』はベルギーのパールゲームズが昨年のエッセン国際ゲーム祭で発表し、『世界の七不思議』と並んで高い評価を得ているボードゲーム。フランス北部の都市を舞台に、ダイスを駆使して発展を競う。
ノミネート作品には、今年を代表するフリーク向けの新作が並んでいる。
【ポルトガル年間ゲーム大賞2009】
大賞:トロワ(Troyes)
ノミネート:ドミナント・スピーシーズ(Dominant Species)、ナビゲーター(Navegador)、ヴィニョス(Vinhos)、ルナ(Luna)
Spiel Portugal:Jogo do Ano 2010
Spiel Portugal:Jogo do Ano 2010 – Nomeados
TGW:トロワ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です