未確認生物テレビ(Cryptids TV)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絵を見て笑うのを見て笑う
でっち上げた生物のイラストを見て、即興でテレビリポートする国産のコミュニケーションゲーム。今年のゲームマーケットの新作だが、先行してシンガポールのゲームフェアでも展示された。カードは日英の両方表記で、エッセンの出展もばっちりである。
まずはじめに未確認生物カードを引き、「テレパシー生物」「猛毒生物」などの今回の生物が決められる。このテーマで、各自、生物をでっち上げスケッチ。絵の上手下手よりもインパクト重視。
そして、番組テーマカードを引き、「シベリア凍土地帯から千年前の生きた状態で」「驚きの実態!奇妙な増え方をする…」などのテーマが与えられる。先ほど描いておいた絵を皆に見せながら、テーマに沿って1人ずつ実況中継するわけだが、その前に全員の絵をシャッフルして配りなおすのがこのゲームのポイント。
絵を見るととんでもない生物が描かれているわけで、吹き出してしまったり、絶句したりと、まるで本当に生物を見たかのような臨場感があふれる。
「ハイ、こちら〇〇から実況中継です。巨大な生物が眠っています! この耳のような部分は、専門家によりますと電波を発信する装置になっているそうです。おおっと、起き出しました!」……実況中継ではテンションの高さと、絵をテーマにこじつけるプレゼン力が問われる。
全員がリポートした後にベスト作品を一斉に指さして決め、これを2〜3ラウンド繰り返して、ベスト作品中からベストを決める。そのリポーターが1位、絵を書いた人が2位、2番目のリポーターが3位、絵を書いた人が4位。
いきなり実況中継といわれても戸惑うが、次第に自分なりのスタイル(勢いで押し切る、無理やりこじつけるなどなど)が確立されれば何とか乗り切れるようになる。どう実況したらいいか困っているのを見ているのも楽しい。
ホームページでは、傑作作品のイラスト写真とリポートの要約を募集している。8月末〆切。応募してみてはいかが。
Cryptids TV
藤原快/ピグフォン(2011年)
3〜8人用/10歳以上/20〜40分
ピグフォン:未確認生物テレビ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です