インガ(Inga)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァンパイアが強い丑三つ時
昼から夜、夜から昼へ、時間が刻一刻と変わっていく中、活動時間帯の異なる人間とヴァンパイアのパーティを組んで、生命力を奪い合う国産バトルロワイヤルゲーム。エアロノートシリーズとしてバインダーに入った美しいコンポーネントで10タイトル販売されたうちのひとつである。
狭いボードの中を移動して、ほかのプレイヤーに攻撃を仕掛ける。攻撃を仕掛けるには、現在の時間帯に対応するキャラクターが、自分のパーティにいなければならない。時間は、1周するたびに日時計を1マス進める。
攻撃された方も、同じ時間帯に活動できるキャラクターで防御。基本的にはもともともっている攻撃力と、防御力+ダイスで勝負するが、キャラクターは何と50枚もあり、いろんな特殊能力を持っているので、バラエティに富んだ攻防戦が楽しめる。
攻撃が成功すると、相手の生命力を奪ったり、失わせたりする。奪った生命力はそのまま攻撃側へ、失った生命力は盤上に散らばり、早い者勝ちで拾い集めてくる。
中央のマスでは、新しいキャラクターを加えたり、パーティーを入れ替えたりもできる。でも強いキャラクターを待っているうちに、やっつけられてしまうかもしれない。
活動時間帯は、人間が深夜以外、ヴァンパイアは日暮れから夜明けまでとなっていて、夜の一部は重なっているのが面白い。人間が眠る丑三つ時は、強いヴァンパイアの活躍どころだ。
生命力は新たに補充されないので、奪ったり奪われたりのゼロサムゲーム。一時は終わらないかに見えたが、ぎりぎりのダイス目で攻撃をかわし、射程圏内にいる全員に攻撃できる全体攻撃で一気に片付けて私の勝利。鴉さんは防御が必ず成功するキャラクターをもっていたが、攻撃するキャラクターに欠いた。nagaさんは肝心のところでダイス目に恵まれず。
「命知らずの傭兵」「漆黒のヴァンパイア」「時の番人」など、キャラクターの名前がかっこよくて、モノクロに赤が入ったボードと、大きな木製コマの雰囲気にマッチしている。おまけアイテムは「お清め塩」だった。
Inga
作者不明/グラパックジャパン(2003年)
3〜4人用/12歳以上/20分
グラパックジャパン:インガ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です