Posted in 国内ニュース

『ダンジョン・ロード』日本語版発売

ホビージャパンは29日、チェコのダンジョン経営ゲーム『ダンジョン・ロード』日本語版を発売する。2〜4人用、12歳以上、90分、7770円。 RPGでは攻略の対象としておなじみのダンジョン。このゲームでプレイヤーは野心に燃えるダンジョンの支配者になる。ダンジョン省から与えられた期間中に、完成度の高いダ…

続きを読む 『ダンジョン・ロード』日本語版発売
Posted in ドイツゲーム賞

ドイツゲーム賞、〆切迫る

ドイツゲーム賞(Deutscher Spiele Preis)の投票が、今月31日で締め切られる。日本からでもネット投票できるので、まだ投票していない方はぜひ。 投票の仕方は下記の記事を参照のこと。大人向け・ファミリー向けを5タイトルまでと、子供向けを1タイトルを、メーカー名と共に記入する。対象とな…

続きを読む ドイツゲーム賞、〆切迫る
Posted in 国内ニュース

ボードゲームのできるダーツバー、福岡にオープン

「パン屋さん」という変わった名前のダーツバーが福岡中洲に今月31日からオープンする。23日からプレオープン中で、ダーツのほかボードゲームも遊べる。 現在遊べるタイトルは、アンギャルド、ハイパーロボット、ガイスター、ワードバスケット、おなじはど〜れ、ドミニオン。ミニチュアゲームのウォーハンマーもある。…

続きを読む ボードゲームのできるダーツバー、福岡にオープン
Posted in ルール

アラカルト:付け合せ

(シュピールボックス2010年第4号付録) 用具 ・付け合せ置き場 1枚 ・ボーナスチップ「付け合せ」 7枚 ・コーヒーカップ「付け合せ」 4枚 ・料理「ゲーマーズ・ベスト」 付け合せはすぐにできる料理です。コーヒーカップがめくられると競争が始まります。次に料理を完成した人は、付け合せのボーナスチッ…

続きを読む アラカルト:付け合せ
Posted in 国産

ウルフレンド・サーガ(Wolflend Saga)

格差と直接攻撃 ボードゲーム情報誌『GameLink』3号の付録は、鈴木銀一郎氏のデザインである。これまでの付録を振り返ると、骨太のシステムをもつ『マーチャントギルド』はドイツゲーム風味、バラエティに富んだキャラクターが登場する『キングダム』は日本ゲーム風味だったが、今度はスタートラインが不均等で、…

続きを読む ウルフレンド・サーガ(Wolflend Saga)
Posted in 国産

花めくりウルトラマン(Hanamekuri Ultraman)

怪獣がかくれんぼ 花札の絵柄にウルトラマンや怪獣をコラージュした作品。ルールは『花合わせ』が基本で、手札から1枚と、山札から1枚を場に出し、季節の絵柄が合っていれば獲得。ゲームが終わったら、獲得した札で役を作って得点を数える。 猪がネロンガだったり、月が死んだウルトラマンで、ゾフィーが運んでいたり、…

続きを読む 花めくりウルトラマン(Hanamekuri Ultraman)
Posted in ウェブ

検索ワードベスト10

当サイトへのタイトル別検索ワードランキング。1〜3月の結果はこちら。 4月 1.プラネットスチーム 94 2.フレスコ 72 3.アグリコラ・エクスプレス 61 4.ファクトリーマネージャー 48 5.マカオ 37 6.カーリング ボードゲーム 28 7.アラカルト 新版 27 8.ハンザ・テウトニ…

続きを読む 検索ワードベスト10
Posted in 国内ニュース

ウルトラマンしょうぎ

宝島社は今月17日、『ウルトラマンしょうぎ』を発売した。日本5五将棋連盟考案、日本女子プロ将棋協会監修、2人用、1470円。書籍扱いで流通しており、一般書店でも入手できる。 40年の伝統をもつ『5五将棋』のルールを用い、ゾフィー、ウルトラマン、セブン、エース、タロウ、ゼロのウルトラマン軍団と、レッド…

続きを読む ウルトラマンしょうぎ
Posted in イベント

今週末、渋谷と仙台でボードゲーム

7月24日(土)、渋谷区千駄ヶ谷のJAPANESE BAR ジパングにてボードゲームとお酒を愉しむオープンイベントUrventが開かれる。16:00〜21:00(途中参加可能)、会費3,000円(軽食とドリンクチケット2枚付)。 オフィス新大陸の提供で、ドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『ディクシット』…

続きを読む 今週末、渋谷と仙台でボードゲーム
Posted in エッセイ

コレクター道:アドルング篇

テーブルゲーム・コレクター道 シリーズ第1弾。  「アドルング・シュピーレ」 ◎Adlung Spiele http://www.adlung-spiele.de/  この趣味を続けてきて、いつの間にか特定のメーカーのゲームを贔屓にして集めていることに気づく。  アドルング・シュピーレは、小箱のカー…

続きを読む コレクター道:アドルング篇