ポーランド年間ゲーム大賞に『スルー・ジ・エイジ』

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月24日から2日間にわたってブロツラフにて行われた第5回グラチスラビアゲーム祭にて、ポーランド年間ゲーム大賞(Gra Roku)の結果が発表された。1400名以上のポーランドのボードゲーム愛好者の投票によって選ばれた今年の一番人気ゲームは『スルー・ジ・エイジ(Through the Ages)』だった。
これまで『電力会社』(2007)、『プエルトリコ』(2008)、『アグリコラ』(2009)と堂々たるフリークゲームを選んできた同賞。今回も2009年にポーランドのメーカーから発売された55タイトルの新作から、下記の6タイトルがノミネートされ、また定評のあるフリークゲームが選ばれた。
『スルー・ジ・エイジ』は文明を軍事・科学・文化・幸福度など総合的に発展させるチェコのボードゲーム。2006年に発売され、2007年の国際ゲーマーズ賞、2009年のドイツゲーム賞8位などを受賞している。日本国内ではダイスゲーム版の『ロール・スルー・ザ・エイジ』が日本語版で発売されているが、ボードゲーム版は品薄状態が続いている。
【ポーランドゲーム賞2010】
大賞:スルー・ジ・エイジ(Cywilizacja: Poprzez Wieki)
ノミネート:バトルスター・ギャラクティカ(Battlestar Galactica)
  〃  :ディクシット(Dixit)
  〃  :ドミニオン(Dominion: Rozdarte Królestwo)
  〃  :パンデミック(Pandemic)
  〃  :ストロングホールド(Stronghold)
Spiellust.net:Hier und da: Nomienierungen für den polnischen Spielepreis “Gra Roku”
Spiellust:Hier und da: Der Preis Gra Roku 2010 – Ergebnisse
ゲームストアバネスト:スルー・ジ・エイジ

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です