バスストップ(Busstop)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通勤バスに宇宙人が乗り込んで
上手にカードを出して、たくさんのお客さんを自分のバスに乗せるカードゲーム。『トラッカーズ』に続く藤原快氏の第2弾である。大型自動車のデザイン会社であるアトラデザインは昨年に解散しており、代わってボードゲームデザインのピグフォンで制作しカードゲーム印刷の萬印堂が販売している。
手札から一斉にカードを出して、数字の大きい順に並べる。順番によって、場に出ているカードと、皆が出したカードをもらえるが、たくさんもらえるのは、一番大きい数字を出した人ではなく、真ん中に入った人というところポイント。場に出ているカードと、皆が集めているカードを見て、どのあたりの数字を出せばよいかを考えよう。高得点のカードは特によく考えて狙いたい。
手に入れたカードは、自分のバスに乗せる。バスには定員があり、いっぱいになるとバス停に到着して得点になる。また、1台のバスには同じ種類の乗客しか乗せられない。サラリーマンだらけの通勤バスにするか、お年寄りだらけの福祉バスにするかは取ったカード次第。ただし、ときどき紛れ込んでくる宇宙人を入れると、違う種類の乗客も乗せられるようになる。バスの車内はきっとパニックにちがいない。
バス停で降りた乗客はサラリーマンであれお年寄りであれ1点。効率よく乗客を乗せたので私がトップかなと思ったら、高得点のカードをほぼ独占していたぽちょむきんすたーさんが1位。精巧なバス車体とほのぼのした乗客のイラストが妙にマッチしていて面白い。
Busstop
ピグフォン/萬印堂(2009年)
3〜6人用/15〜20分/8歳以上

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です