Posted in ウェブ

2009年の統計

今年の当サイトの統計情報は以下の通りです(Google Analyticsと、Yahoo!アクセス解析に基づく)。
【ページビュー:トップページの閲覧回数】
300,996回(1日平均825回)
【ユニークユーザー:1年間に見に来た人の数】
25,989人(1日平均71人)
【参照元:どのサイトのリンクから訪問したか】
1.ブックマーク 45.76%
2.はてなアンテナ 10.35%
3.グーグル 10.27%
4.ヤフー 4.79%
5.ゲームストアバネスト 3.00%
6.ボードゲームランド 2.63%
7.ジョーコ・デル・モンド 2.33%
8.メビウスゲームズ 2.14%
9.はてなダイアリー 1.47%
10.ふうかのボードゲーム日記 1.33%
【検索ワード:どんな言葉で検索してきたか】
1.サイト略称(「tgiw」「tgw」「table game world」「game in the world」「テーブルゲームインザ」「the game in the world」) 19.43%
2.サイト名(「table games in the world」「table game in the world」「テーブルゲーム イン ザ ワールド」「テーブルゲームインザワールド」「テーブルゲーム・イン・ザ・ワールド」「tablegame in the world」「tablegameintheworld」) 16.76%
3.「ボードゲーム」、 6.64%
4.「tablegame」「table game」「table games」 6.51%
5. スモールワールド 2.95%
6. ドミニオン 1.57%
7. ウルク 1.51%
8. パンデミック 1.17%
9. 「ちなみにハンス社としては『郵便馬車』以来2年ぶり6回目の受賞で」 1.16%
10. ディクシット 1.08%
【訪問者属性:国内のどの地域からアクセスしたか】
1.東京 27.74%
2.神奈川 9.43%
3.大阪 8.99%
4.埼玉 6.12%
5.愛知 6.00%
6.北海道 3.87%
7.千葉 3.59%
8.京都 2.83%
9.兵庫 2.08%
10.静岡 1.96%

Posted in エッセイ

ゲームから人へ

たくさんのボードゲームを遊ぶのは、プラトンのイデアのように、面白いゲームを求め続けてのことであるが、逆説的に、遊べば遊ぶほど、面白いと思えるゲームの割合が減ってくるのではないかとこの頃思うことがある。
ボードゲームを本格的に遊び始めたのは大学4年の頃である。オーケストラの練習が終わってから、亀有のアパートに集まって月1回、サークルの友達や後輩と徹夜でゲーム会をした。最初から徹夜で遊ぶつもりではなかったが、あまりに面白いので徹夜になってしまうのである。
その頃遊んだゲームは、『ダイナマイト』、『グラス』、『エドカ』、『ジニー』、『大判小判』あたり。ほとんど東急ハンズで手に入れた。奥野かるた、メビウスを知るのはもう少し後になってからである。これらを毎回ローテーションして繰り返し繰り返し遊んだ。どれも面白かった。今、これほど遊んでいるゲームはない。
それから13年経った現在、ドイツにまで行くようになったのに、本当に面白いと思えるゲームは滅多に出会えなくなってしまった。「今年のエッセンでは、何がオススメですか?」という質問に、今年はまだ自信をもって答えられるタイトルがない。
これはもちろん私の個人的な心境にすぎないが、現在のドイツゲーム市場が置かれている状況もそれに近い。愛好者はどんどん新しいものを求め続け、タイトルは増え、寿命は縮まる。そのためロングセラーになりうるのは、今やほんの一握りに過ぎない。
そんな今日この頃であるが、必ずしも悪いことではないと思っている。個別のタイトルにこだわりがなくなってきた分、仲間と楽しむという面が強まっているからだ。新作をだしにして、気の合う仲間が集まる、しゃべる、笑う。初対面より2回目、2回目より3回目が楽しい。ゲームはノンリプレイ派でも、プレイヤーは超リプレイ派である。
何十年も続いているゲームサークルにいくと、ゲームをしないでおしゃべりだけで終わる人もいるという。まだそこまでの境地には至っていないが、その気持ちが何となく分かるような気がしてきた。ゲームマーケットはもちろんのこと、エッセンでさえも、新作を見に行くイベントというよりも、知り合いと会いにいくためのイベントになりつつある。
つまり一緒に遊んでくれる人々や、レビューを読んでくれる人々によって、私の今の趣味は続けられている。今年一緒に遊んで頂いた方々、当サイトをご愛読頂いている方々に感謝し、年末の挨拶といたします。

Posted in あ行

イラスト募集中(Einfalls-Pinsel)

強硬な意見がブラフに
ゲーム内容はこちら。絵を描くゲームというと不得意だからと尻込みする方も多いが、上手である必要は全くない。それどころか、何を描きたかったのか分からないくらい下手なほうがむしろよい。今回もたくさんの名作が登場して笑わせた。
みんなが描いたイラストを、ランダムに3枚ずつ出し、広告のコピーが発表される。コピーに合うイラストはどれか、自由に意見を述べる。その後で採点して、得点をイラストに記入しておく。それからイラストの作者が誰かを予想するフェイズがあり、また新しいイラストとコピーが出る。
一番笑え、そして考えるのは自由に意見を述べるところ。自分の作品を推して点数を稼ぎたいが、あからさまだったり我田引水だったりすればするほど怪しまれる。そこでほかの人の作品も適度にほめつつ、さりげなく自分の作品もアピールする。場合によってはマークを外すため、ほかの人の作品を強硬に推す場面も。何しろ最後まで自分の作品だと当てられなければ5点も入る。ブラフもしたくなるというもの。
tomokさんの描いたもじゃもじゃなキャラクター。1周目はドッグフードのイラストで「これは犬なんです」と説明されていたのに、2周目は政治ポスターのイラストで「これは政治家なんです。」ミステリーのイラストで円盤の絵をゾウリムシに見立てたり、ドラえもんをブルーマンだと言ったり、よくぞこれだけ想像性がはたらくものだとみんなで笑った。
Einfalls-Pinsel
K.トイバー/ASS(1990年)
3〜5人用/12歳以上/30分

Posted in は行

ひつじのショーン:ヒツジ集まれ(Shaun das Schaf)

ヒツジを愛でるヒマはない
日本でも放映されたクレイアニメ『ひつじのショーン』。日本にも『ひつじのショーン バランスゲーム』や『ひつじのショーン ボーリングゲーム』などアクションゲームあるが、ドイツで製品化されたゲームはもう少し手が込んでいる。これなんか何気にドーラの作品ですよ?
カードゲームである『ヒツジ集まれ』は直感勝負のパターン認識ゲーム。カードを2枚めくって、たくさん羊がいるところで、白い羊が多いと思うなら「攻撃カード」、黒い羊が多いと思うなら「撤退カード」、同数だと思うなら「様子見カード」を出す。正解者の中で一番早く出した人がポイント。同時ならさらに1枚加えて勝負する。
大人同士でやると、ゼロコンマ数秒の勝負。ちょっとでも気後れしたらもう勝てない。それは分かっていても迷いが生じてしまって最下位。子供だったらもう少し和気藹々と遊べるかな。
Shaun das Schaf – Komme, was Wolle
A.シェーファー/コスモス(2009年)
2〜4人用/6歳以上/5分

Posted in 雑誌・書籍

『ドイツゲームでしょう!』補足版

拙著『ドイツゲームでしょう!』の2009年度の受賞作品を紹介した補足版が、グランペールのホームページにて、PDFデータで公開されました。ダウンロードしてお読み頂ければ幸いです。なお、印刷したものを今年のテーブルゲームフェスティバルで配布し、約350枚ほど用意した分は全てなくなっております。
『ドイツゲームでしょう!』は、ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)、ドイツ年間キッズゲーム大賞(Kinderspiel des Jahres)、ドイツゲーム賞(Deutscher Spielepreis)、アラカルトカードゲーム賞(à la carte Kartenspielpreis)という、ドイツを代表する4つのゲーム賞の受賞作を全て網羅して紹介している本です。今年は『ドミニオン』が3つの賞を総なめにしてしまったため、ドイツ年間キッズゲーム賞の『魔法のラビリンス』と2タイトルのみの紹介に留まりました。『ドミニオン』はシリーズ3タイトルが全て日本語版で発売され、今年はドミニオンイヤーだった(発売は2008年ですが)ように感じます。
今年のエッセンで発売された新作は、ワーカープレイスメントを用いた作品ばかりで面白いものが多かったとはいえ同工異曲の感が否めませんでした。来年はどんなゲームが人気を集めるのでしょうか。来年もまた『ドイツゲームでしょう!』のレビューを書いて紹介していきたいとと思います。
グランペール:『ドイツゲームでしょう!』補足版(PDF)

Posted in さ行

スープキッチン(Suppenküche)

オレのジャガイモが!
競りで3種類の野菜を集めるフランスのカードゲーム。『リズム&ボール』や『ロボットマスター』といった缶箱入りの手軽なカードゲームを数多く出しているカクテルゲームズがオリジナルだが、フッターからドイツ語版も発売されている。カクテルゲームズが輸出に積極的でないらしく、日本ではなかなか手に入りにくいが、このところ注目しているメーカーだ。
手番には3枚引き、そのうち1枚を表にして、3枚1組で値段をつけて競りにかける。安いカードを見せ札にして安い値段をつけて油断させてもいいし、高いカードを見せ札にして高い値段をつけて期待をもたせてもいい。競り落としたら残り2枚もオープン(何だったかはもろバレ)。手札のカードで支払い、残りの人で均等に分ける。
野菜カードは山札に8枚しかなく、ほとんどがお金カードで、あとはアクションカードが少々。当たりの野菜カードが来たときに、察知して競り落とせるかが第1のポイントである。手札に野菜を3種類集めたら勝利できるから、簡単に人に渡したくない。
アクションカードは、野菜名を指定してほかの人から奪うネズミカードと、手札から3枚引いて好きな1枚を奪うおばあさんカードがある。おばあさんカードはアクションカードの防御にも使える。どの野菜を誰がもっていったかよく覚えておこう。
さらにバリアントルールでは、勝利宣言した人に野菜を捨てさせるカブと、もっていると上がれないハエがある。どちらも上がりにくくするカードだが、いずれにせよ山札がなくなれば終了なので、ゲームは15分とあっさり。これだけ軽い競りゲームもあまりないだろう。競りも順番なしで、3つ数える間に競り上げなければいけないためスピーディーである。
競り落としたばかりのジャガイモがcarlさんにマークされていた。防御するおばあさんもなく、ネズミで持っていかれる。代わりに1枚もらえることになっているが、当然一番安いお金カード。カブカードを手に入れたが、警戒されてしまいそのままゲーム終了となった。上がらずに野菜カードを溜め込んだcarlさんの勝利。
Suppenküche
J.-M.クーティル/フッター(2008年)
2〜4人用/10歳以上/15分

Posted in か行

権力闘争(Power Struggle)

この会社はもう終わってる
会社を舞台に、ポストと特権をめぐって仁義なき戦いを繰り広げるボードゲーム。作者名は伏せられているが、エッガートシュピーレの人に聞いたら、自分が勤めている会社の実話に基づいて作っているので明かせないのだという。今、アメリカの資本主義に飲み込まれつつあるドイツらしく、エリア・マジョリティ(配置したコマの多い人が利益を得るシステム)という地道な部分と、イベントや特殊能力という派手な部分が融合したゲームとなっている。
プレイヤーの権力状況は影響力、持ち株数、メインオフィスの数、汚職実績、社外顧問数で表され、勝利条件となっている。手番にはこれらのパラメータを伸ばすアクションを行う。さらに最初にランダムに指定されるライバルに3つの領域で勝つことという勝利条件があり、合計6つの勝利条件の中からどれでも4つを最初に満たせば勝利となる。
基本的な流れはこうだ。まず、6つある部署に課長と社員を配置して勢力を築く。課長が一番多いと部長を出せる。部長を出すと特権が手に入り、また取締役に人員を送り込める。取締役が一番多いと社長を出せる。でも社長は1年でクビだし、取締役も席に限りがあり、新人が入ってくると前にいた人からクビになる。クビになったらまた課長から権力を築きなおしだ。
ラウンドのカギを握るのは通信部の部長だ。最初にイベントカードを自分の好きなように並べ、その順にラウンドが進む。1ラウンドで何アクションできるかも、通信部の部長のみが知っている。通信部の部長はスタートプレイヤーでもあるので、そのアクションを見て、次のラウンドはあるかどうかを判断しなければならない。
風刺もたっぷり。メインオフィスは、2つの課を統合して作るが、そのとき社員はリストラされる。法務部の部長は、社員をクビにして影響力を上げる。いつだって、しわ寄せは労働者だ。また、社員のモチベーションを表すトラックがあるが、ゲームが始まるや否やダダ下がり。でもモチベーションが下がれば下がるほど、株を安く買えたり、ボーナスが増えたり、社員が多く雇えたりといいことずくめ。そして何よりも賄賂。社長や部長の特権を賄賂でやり取りする。賄賂をあげたほうももらったほうも汚職実績(勝利条件のひとつ)となる上に、断ると報復措置として社員を1人消されてしまう。この会社終わってるよ!
影響力・持ち株数・メインオフィスの数でcarlさんに勝つという勝利条件が与えられていた私は、carlさんが追いついてこないうちにこの3つを規定点以上にして勝利。汚職ポイントは、規定点が妙に高く設定されている上に、特権をもらって使うまで手間がかかるためそう頻繁に贈収賄できない。これを指定された人は、実質的にもう1つ別の勝利条件を目指さなければならず、たいへんそうだった。風刺をきかせたいためか、ルールが多く時間もかかるが、本当に会社の中でもがいている気分になった。サラリーマンの方はプレイしないほうがよいかもしれない。
Power Struggle
ボードリック&フレンズ/エガートシュピーレ(2009年)
3〜5人用/12歳以上/120分

Posted in は行

ハバナ(Havana)

先手番か、大効果か
キューバ』の発売から2年、エッガートシュピーレはその簡易版(といってもほとんど別ゲームだが)を発売した。デザイナーはこのところコミュニケーションゲームが多かったシュタウペ。『キューバ』のエッセンスを取り出し、短時間で濃密に遊べるゲームに仕立て上げている。
目標は資材・お金・労働者を集めて規定点分の建物を建てること。建物は中央に並んでおり、端にあるものから建てる。次に必要なものは何かが分かる仕組みだ。
手番は13枚のアクションカードから2枚ずつ使う。それぞれ0〜9番の番号がついており、2枚のカードでできる2桁の数字(番号の小さいほうが10の位、大きいほうが1の位)が小さいほうから先に手番を行うことができる。
できることならば手番は先がよい。お目当ての建物を先に建てられるというだけでなく、先手番のほうがものがたくさん手に入るアクションが多いからだ。でも、効果の大きいカードほど番号が大きく、後手番になりやすい。番号の小さいものと大きいものをうまく組み合わせて、先手を取りたい。
全員がアクションを終えると、手番順に2枚のうち1枚を新しいカードに差し替える。数字の高いカードを残しておきたいし、先手番も取りたいから悩ましい。さらに差し替えたカードは、手札が2枚だけになるか、回復アクションでないと回収できない。手札はどんどん減り、選択肢はなくなる。ここにほかの人の選択を見るという要素があり、悩みどころ満載である。
順調だったくさのまさんが急ブレーキ。後を追うcarlさんもあと一歩というところでストップした。場にお金で建てる建物しかないのに、お金を取るアクションカードも、それを回収するアクションカードも使い切ってしまっていたのが原因である。出遅れていた私は、回復アクションを使っていなかったので、1手番早く手札を回収できることになった。そこで場にたまったお金を一気に取って逆転。
手番数からいうと3人プレイの場合、たった10手番くらいしかない。でもその間に自分は何を建てられるのか、ほかの人が何を建てそうか、どのアクションがベストかをじっくり考えなければならない。たいへん濃密なゲームである。
Havana
R.シュタウペ作/エッガートシュピーレ(2009年)
2〜4人用/10歳以上/45分

Posted in エッセイ

インタラクションはもう古い?

今年のエッセンでは、多くのワーカープレイスメントゲームが人気を集めた。『ヴァスコダガマ』『エジツィア』『カーソンシティ』『オペラ』『ダンジョンロード』など、こんなに出てはこのシステムも使い古されるのではないかと心配になるほどの勢いである。
ワーカープレイスメントの元祖は『ケイラス』だとされているが、『ケイラス』の作者W.アティアは『プエルトリコ』にヒントを得たと言っている。『プエルトリコ』も、コマは配置しないけれども前に誰かが選んだ職業はもう選べないので、広義のワーカープレイスメントと言えるだろう。
『ケイラス』の影響を受けたと見られるゲームは『大聖堂』や『護民官』があるが、最もインパクトが大きかったのは『アグリコラ』だろう。作者のU.ローゼンベルクは『ケイラス』に刺激を受け、コマ数がだんだん増えるものにした。さらに選択肢を広げた『ルアーブル』も作られる。通常、ボードゲームの開発は1〜2年かかるというから、今秋にたくさん出たワーカープレイスメントゲームは、『アグリコラ』に影響を受けて作られたものと言えるだろう。
今回『ヴァスコダガマ』のルールを読んでいて、これはPCゲームに移植できそうなゲームだなと思った。ゲームのフローチャートが明確で、交渉や競りなど、手番中にほかのプレイヤーの選択をはさむところがないし、秘密のボーナス条件などの隠蔽情報もないからである。要するにパズルゲームなのである。
単にワーカープレイスメントがこの頃流行っているだけだという見方もできるだろうが、先日読んだオーストリアの記事で別の見方もあるのではないかと思うようになった。オーストリアゲーム大賞の審査委員長ダグマー・デ・カサン氏は、ここ近年ボードゲームのルールが複雑になり、イラストやコンポーネントが豪華になっている原因を「コンピュータゲームによってややこしい手順を理解できる世代が育ってきたこととも関係があります」と推測している。今、遊ぶ世代が変わりつつあるという指摘だ。
子供の頃からテレビゲームに慣れ親しんできた世代というと、世界的に35歳以下といったところか。おひとり様用の娯楽が充実し、その恩恵を受けてきた根っからの「シングルプレイヤー」(東京おもちゃ美術館・多田館長)である。この世代が複雑なルールを理解できるかどうかは分からないが、他人との関わりや、他人からの干渉を好まない傾向はありそうだ。
子どもが一緒に遊んでいるのに、背中を向けあって携帯ゲーム機で遊んでいる光景をよく目にする。それに対して大人は「何のために一緒にいるのか分からない」とコメントする。実は通信対戦しているのかもしれないけれど、目を合わせて会話することを必要とせずに、一緒にいて楽しめるのだ。対人で遊ぶボードゲームでも、その世代が好むゲームは、自然とインタラクションが薄めのものとなり、そこでワーカープレイスメントが格好のシステムになる。
もちろん、実際はワーカープレイスメントにもほかのプレイヤーとの絡みはある。上位プレイヤーを意識して行動するわけだし、ほかのプレイヤーのほしそうなものを読んで、自分もほしいなら先に取りに行かなければならない。だが少なくとも自分の手番中にほかの人が絡んでくることはないし(あれこれコメントすることはあるだろうが)、ほかの人が大ダメージを受けても自分だけの責任にならない。その程度の絡みを快適に感じる世代が増えているのではないか。
ワーカープレイスメントではないが、同じことは『ドミニオン』にも言える。ほかの人の行動を気にしないでひたすら自分の王国建設に専念できるし(それで勝てるかどうかは別として)、攻撃は特定の誰かを追い落とすというよりは無差別的に行われる。
かつては、インタラクションの多さはボードゲームの面白さのひとつの指標であった。ところがインタラクションが少ないほうが適度に感じる人の割合が増えている。自由に特定のプレイヤーを直接攻撃できるゲームは好きではないという人ならずとも、「インタラクションが多ければ多いほど面白いというわけではない」というのが今のひとつのトレンドを象徴する意見なのかもしれない。

Posted in エッセイ

ホームパーティで遊ぶのにぴったりなゲーム

当サイトで紹介しているゲームは知名度が低い。gooランキングで「ホームパーティでみんなで遊ぶにはぴったりなゲーム」を聞いたところ、1位が『ウノ』、2位トランプ、3位『人生ゲーム』、4位Wii、5位『ジェンガ』という結果になったという。アナログゲームがまだWiiを上回っているのは嬉しいことだが、比較的有名な『ニムト』でさえ、このランキングでは20位にも顔を出さない。
上位ゲームに共通するのは、日本全国どこでも入手できること、そして改めてルールを読んだり説明したりする必要がないということである。遊んだことがない人でも、遊びながらルールを理解できるだろう。その点で、当サイトで紹介しているゲームは全くかなわない。
でも、それだけでは悲しいので、入手難易度は「アマゾンで手に入るもの」くらいにして、ルールが簡単でパーティゲームにぴったりなものをいくつか挙げてみたい。クリスマス、大晦日、お正月、忘年会、新年会で登場する機会が少しでも増えたら嬉しい次第。
ごきぶりポーカー
先月の「スペシャルギフト」で矢作兼氏(おぎやはぎ)が紹介したり、3年ほど前に伊集院光氏がラジオで紹介したりして何かとメディアに登場しているドイツのカードゲーム。ウソをついて嫌いな虫や動物を押し付けあおう。2〜6人用、8歳以上、15分、1800円。
TGW:日テレ「スペシャルギフト」にカードゲーム
Mellow My Mind:伊集院光、ごきぶりポーカーについて語る
アマゾン:ごきぶりポーカー
ワードバスケット
しりとりのルールで遊ぶスピーディなカードゲーム。場に出ているカードの文字から始まり、自分の持っているカードの文字で終わるような言葉を言って出す。順番はなく、思いついたもの勝ち。慌てすぎて品性を疑われる言葉を口走らないよう。2〜8人用、10歳以上、10分、1500円。
Board Game TV -ワードバスケット(動画)
アマゾン:ワードバスケット
フラッシュ
最後は紙とメモさえあれば遊べるゲーム。親が言ったお題で連想するものを8つ書く。1人ずつ発表して、同じ答えを書いた人の数だけ得点(単独は除く)。3ラウンド行って合計点の多い人が勝ち。テーマは「クリスマス」「結婚」「チョコレート」など自由に考えて。仲間によっては内輪に走っても面白い。もとはドイツで1991年に発売されたゲームで、お題カードが入っていた。3〜10人用、10歳以上、15〜30分。
The Torolic World:オンライン・フラッシュルール
gooランキング:パーティーの盛り上げ役は、やっぱり《UNO》