2009年のマイベスト10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようやくplay:gameへの登録が追いついて、2009年に遊んだゲームをまとめることができた。遊んだゲーム総数は186タイトルで、2回以上遊んだゲームは21タイトル(11%)に留まった。
そんな中でのマイベスト10。システムとしてのオリジナリティと、ゲーム中にプレイヤーの表情が楽しめるものという2点を重視した結果、ライトなゲームが並んだ。わざとではないが、入手が難しいものが多いので、ほしい方はショップや作者にリクエストされたい。
1.海賊船長(Captain Pirate)
協力するように見せかけて足元を見たり、協力できるように見せかけて実はできなかったりと、笑いが絶えない。(B.フェデュッティ/カクテルゲームズ)
2.賭博英雄伝セブン(Gamble 7)
ギャンブルが運だけではないことを教えてくれた作品。ひとつひとつ単独でも完成度が高いのに、7つも入って大満足。(川崎晋/カワサキファクトリー)
3.コズミックアタック (Cosmic Attack)
どのアクションも大笑いだが、特にひじの上にカードをのせて落としあうアクションが最高。息を吹いて目的地が飛んでいってしまうのも笑う。(R.フラガ/カクテルゲームズ)
4.いかだ動物園(Zoowaboo)
目測がいかにあてにならないかという問題より、大人が遊ぶといきなりチキンゲームになるのがすごい。ついのせられてバースト。(C.ロッシ/セレクタ)
5.ファウナ(Fauna)
見たこともない動物について、あーだこーだと知ったかぶりのコメント。重さはこれくらいかなと手に持つ仕草をしたら、正解はトン単位だったり。(F.フリーゼ/フッフ)
6.キッチンカオス(Kitchen Chaos)
番号が次々と呼ばれ、どんどんカードを出すのでまさにカオス。そんな中で冷静に判断して仕込んだスプーンで大量得点したらヒーロー。(R.シュトゥープ、T.カーメンツィント/ニュルンベルガー)
7.ひも電(String Train)
鉄道ゲームの常識を打ち破る、ほんわかした配置ゲーム。舞台を地元にして遊んだが、大いに想像力をかきたてられた。(林尚志/Hammer Works)
8.ボードゲームギークゲーム(The Boardgamegeek Game)
ゲームを売ったり買ったり集めたりというテーマは、今までありそうでなかっただけに、ゲーム愛好者にとっては嬉しくてたまらない。R.ブリーズ/R&Dゲームズ)
9.ラクシャク(Ruk Shuk)
石に見えるあれが精巧な型抜きで、高得点の石が積みにくくなっているところが憎い。そしてうまく積めそうで積めないのが妙に悔しい。(M.ビシカー/ザバゾー)
10.ワイルドバイキング(Wilde Wikinger)
どのくらいの宝石で何枚カードを出すか、どのへんで妥協するかという妙に大人の選択を迫られる子供ゲーム。(W.ディシェール/ハバ)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です