権力闘争(Power Struggle)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この会社はもう終わってる
会社を舞台に、ポストと特権をめぐって仁義なき戦いを繰り広げるボードゲーム。作者名は伏せられているが、エッガートシュピーレの人に聞いたら、自分が勤めている会社の実話に基づいて作っているので明かせないのだという。今、アメリカの資本主義に飲み込まれつつあるドイツらしく、エリア・マジョリティ(配置したコマの多い人が利益を得るシステム)という地道な部分と、イベントや特殊能力という派手な部分が融合したゲームとなっている。
プレイヤーの権力状況は影響力、持ち株数、メインオフィスの数、汚職実績、社外顧問数で表され、勝利条件となっている。手番にはこれらのパラメータを伸ばすアクションを行う。さらに最初にランダムに指定されるライバルに3つの領域で勝つことという勝利条件があり、合計6つの勝利条件の中からどれでも4つを最初に満たせば勝利となる。
基本的な流れはこうだ。まず、6つある部署に課長と社員を配置して勢力を築く。課長が一番多いと部長を出せる。部長を出すと特権が手に入り、また取締役に人員を送り込める。取締役が一番多いと社長を出せる。でも社長は1年でクビだし、取締役も席に限りがあり、新人が入ってくると前にいた人からクビになる。クビになったらまた課長から権力を築きなおしだ。
ラウンドのカギを握るのは通信部の部長だ。最初にイベントカードを自分の好きなように並べ、その順にラウンドが進む。1ラウンドで何アクションできるかも、通信部の部長のみが知っている。通信部の部長はスタートプレイヤーでもあるので、そのアクションを見て、次のラウンドはあるかどうかを判断しなければならない。
風刺もたっぷり。メインオフィスは、2つの課を統合して作るが、そのとき社員はリストラされる。法務部の部長は、社員をクビにして影響力を上げる。いつだって、しわ寄せは労働者だ。また、社員のモチベーションを表すトラックがあるが、ゲームが始まるや否やダダ下がり。でもモチベーションが下がれば下がるほど、株を安く買えたり、ボーナスが増えたり、社員が多く雇えたりといいことずくめ。そして何よりも賄賂。社長や部長の特権を賄賂でやり取りする。賄賂をあげたほうももらったほうも汚職実績(勝利条件のひとつ)となる上に、断ると報復措置として社員を1人消されてしまう。この会社終わってるよ!
影響力・持ち株数・メインオフィスの数でcarlさんに勝つという勝利条件が与えられていた私は、carlさんが追いついてこないうちにこの3つを規定点以上にして勝利。汚職ポイントは、規定点が妙に高く設定されている上に、特権をもらって使うまで手間がかかるためそう頻繁に贈収賄できない。これを指定された人は、実質的にもう1つ別の勝利条件を目指さなければならず、たいへんそうだった。風刺をきかせたいためか、ルールが多く時間もかかるが、本当に会社の中でもがいている気分になった。サラリーマンの方はプレイしないほうがよいかもしれない。
Power Struggle
ボードリック&フレンズ/エガートシュピーレ(2009年)
3〜5人用/12歳以上/120分

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です