ボードゲーム交流会、満員盛況

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る2月7日、秋葉原の東京フードシアターにて第4回ボードゲーム交流会が開かれ、予約定員の140名がいっぱいとなる盛況で終わった。
この交流会は、デジタルゲーム制作に携わる専門家を中心に、ボードゲームを通して新しいアイデアを考えたり、業界内の交流を深めるのが狙い。第1部の講演、第2部のゲーム大会、第3部の懇親会に分かれ、参加者はめいめいに知見を広めつつ遊びを楽しんだ。
講演ではゲームマーケット主宰で『ゲーム探検隊』などの著書もある草場純氏がゲームの構造を理論的に分析。続いて『シャドウハンターズ』などのゲームがアメリカ版も発売されているデザイナーの池田康隆氏がアナログゲームの制作から海外への売込みまでデザイナーの仕事を語った。
ゲーム大会では参加者が持ち込んだ主に海外輸入ゲームが最新作からレアな旧作まで並び、またボードゲームが遊べるメイド喫茶「シャッツキステ」のメイドさんが出張。チーム戦では『カタン』、『ブラフ』、『ニムト』について会社別に行われるなど、普段からボードゲームを遊びこんでいる人から、ほとんど触れたことがない人まで幅広く楽しめるプログラムだった。
懇親会でも食事をそこそこにボードゲームを遊ぶ姿もあった。ボードゲームのもつポテンシャルの高さを参加者が再認識できる会になったようだ。この成功を受けて、第5回も予定されているという。
4Gamer.net:デジタルゲームの最先端に立つ人々が集合した,「第4回ボードゲーム交流会」レポート
日々是遊戯:デジタルでもアナログでも、楽しいものは楽しい――ボードゲーム交流会ってなに?
TGW:ボードゲームサークル交流会

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です