ヒッポダイスデザイナーコンテスト2008

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新人ボードゲームデザイナーの登竜門となっているヒッポダイスデザイナーコンテストの結果が3月7日に発表された。20回目の記念となる今年も数多くの作品が応募され、主要ボードゲームメーカーの編集者が3ヶ月にわたって審査した結果は以下の通り。
1位のリースケ氏は『晴れたらいいね(Wind und Wetter、2007)』、『インカの黄金(Das Gold der Inka、2005)』の作者。イラストレーターとしては『ノートルダム』、『ドラゴンイヤー』、『明王朝』などを担当している。『アゴラ』は古代アテネの市場を舞台に、記念碑の建立と弁論術を競うゲームで、少ない自分のコマで効果的なアクションを選べるかが勝負になるという。
今年は決勝に残った6人のうち4人がドイツ人で、外国人が躍進した数年前からみるとドイツ人が多くを占めた。
【ヒッポダイスデザイナーコンテスト2008】
1位:H.リースケ(ドイツ)『アゴラ(Agora)』 
2位:A.シュテディング(ドイツ)『フィレンツェの建築士(Architekten von Florenz)』
3位:A.シーガート(アメリカ)『テンボ(Tembo)』
キッズゲーム特別賞:K.ヒーゼ(ドイツ)『エルフィ(Elfi)』
夕べを満たす特別賞:A.レーティネン、J.リナネン(フィンランド)『クツコ(Cuzco)』
Hippodice Spieleclub:Spieleautoren-Wettbewerb 2008(PDF)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です