メンサ、ベスト5を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

米  アメリカの高知能団体メンサは、今年16回目となる2005年のベスト5「メンサ・セレクト(Mensa Select)」を発表しました。メンサはIQが一般の中で上位2%を入会資格にしている特異的な団体で、この賞はアメリカのメンサが行っているゲーム会「マインド・ゲーム」で発表されるもの。1990年から始まり、毎年5タイトルずつ、これで80タイトルが挙げられたことになります。

 ドイツゲーム全盛だった昨年から、アメリカゲームも健闘しました。クニツィアの作品が2タイトル含まれ、いずれもメンサらしく深い思考を要求されるゲームとなっています。(Spielbox

【メンサ・ベスト5】

ダヴィンチの挑戦(DaVinci’s Challenge / Unonymous / Briarpatch)

頭脳絶好調(Ingenious / R.Knizia / Fantasy Flight Games)

略奪(Loot / R.Knizia / Gamewright)…アミーゴのカードゲーム海賊(Pirat)のリメイク

ナイアガラ(Niagara / T.Liesching /Rio Grande Games)

禅道(Zendo / K.Heath / Looney Labs)

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です