チェコの銀山都市開発『クトナー・ホラ:銀の町』日本語版、6月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Kutna Horajホビージャパンは6月上旬、『クトナー・ホラ:銀の町(Kutná Hora: The City of Silver)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:O.ビストロン&P.サスラヴァ&P.ジャロシュ、イラスト:R.ベドナル他、2~4人用、13歳以上、プレイヤー人数×30分、9350円(税込)。

チェコの歴史的な銀山都市の歴史をテーマにした経済発展と都市開発のボードゲームで、チェコゲームズ出版(チェコ)が昨秋発売した。中世、裕福な一族の長たちが、さまざまなギルドに影響力を与え、富を使って鉱山を拡大し、クトナー・ホラの町を建設する。

手番には2種類のアクションが記されたカードを1枚プレイしていずれのアクションを行い、鉱山の採掘、都市区画の購入、建設許可の獲得、ギルド建物の建設、生産と収入、聖バーバラ大聖堂の建設などを行う。建物や鉱山で生産力が上がれば価格は下がる一方、人口が増えれば価格は上がる。

ギルドの能力は非対称となっており、ボード上に鉱山を拡張し、インフラを建設することで他プレイヤーに影響を与える。ゲーム中の経済状況が変化する中で、町の発展に寄与するには、個人目標の追求だけでなく、時には他のプレイヤーと歩調を合わせることも必要。価格変動に戦略的に適応し、チャンスを逃さないよう虎視眈々と狙わなければならない。

内容物:両面仕様クトナー・ホラボード、市役所ボード、ラウンドトラック、2層式プレイヤーボード 4枚、カードスタンド 2台、聖バルボラタイル 11枚、ペリカントークン 18枚、貴族トークン 12枚、建物タイル 36枚、鉱山タイル 27枚、採掘技術タイル 4枚、コイン 53枚、カード 95枚、ラウンドマーカー 1個、税金マーカー 1個、家駒 48個、鉱夫駒 36個、区画マーカー 12個、生産力マーカー 24個、名声マーカー 4個、得点マーカー 4個、ルールブック、プレイヤーエイド 4枚、ほか

Kutna Horaj2
(写真は英語版)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.