第6回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームマーケット2021秋の2日後、山形県長井市で第6回東北ボードゲームフリーマーケットが開催された。330品の中古・創作ボードゲームが出品され、生憎の雨の中120人の参加者が訪れた。

昨年は中止になった親イベント「ぼくらの文楽」が復活。午前中はコンサート、午後はトークショーがあり、ほかにもお菓子、アクセサリー、地元野菜果物などのお店も出た。フリーマーケットを目当てに来た方も食べ物やお菓子を買ったり、ワークショップでやってきた親子連れもフリーマーケットを訪れたりと、相乗効果があった。

単独イベントだった昨年、参加者は東北6県と新潟県在住者に限定し、滞在時間を短くするため予め出品リストを公表したりしていたが、今回はどこからでも参加でき(一番遠くは都内から)、おおよそジャンル別(入口近くから奥に行くにつれてキッズ、パーティー、ファミリ-、ゲーマー)に分類だけしたゲームを自由に選んでもらった。一列入場のため、開場前に並んでいた40人くらいの後ろの方ではしばらくお待ち頂くことになったが、密にならずお買い物ができたと思う。

精算は例年通りで、出品者がゲーム1つ1つに出品票をメンディングテープで貼り付け、レジで剥がして一括で支払う。終了後、出品票をもとに売上を配分し、出品者に渡す仕組み。計算係を2人置いて確認したことで、精算時のズレもほとんどなかった。

1時間ほど経ってお客様がほとんどいなると、今度は値引きタイム。出品票の価格を訂正して、全館放送で案内してもらい、再びお客様に足を運んで頂いた。これが効果的で売れ行きが回復したのは、親イベントのおかげである(単独開催ならば、もう帰るしかない)。今回は前年ながらボードゲームを遊ぶコーナーは設けられなかったが、もっと収束すれば可能になるだろう。

参加者の中には知り合いも多くおり、久しぶりの再会も喜ぶことができた。終わってからはスタッフできりたんぽ鍋パーティー。親イベントの来年の開催は未定だが、東北ボードゲームフリーマーケットは来年もぜひ開催したい。

第1回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて
第2回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて
第3回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて
第4回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて
第5回東北ボードゲームフリーマーケットを終えて

6150

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です