シュピール’23:ディーププリントゲームズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Moorland湿原(Moorland)
ゲームデザイン:S.ボーゲン、イラスト:A.ヘラー、2~4人用、10歳以上、45~60分。

湿原で希少な動植物種を育てる環境保全ゲーム。最初は各プレイヤーの前に湿原ボードを組み合わせて4×4のグリッドにする。各ラウンド、場に湿原カードが並べられ、手番順に1枚取って確保し、自分のボードに植物マーカーを置き、植物マーカーが一致するマスがあれば確保しておいた湿原カードを配置する。ボードに置かれていたマーカーはカードの指示で定着したり、消えてなくなったり、川沿いに別のマスに流れていったりする。別のマスに流れていった植物マーカーは、そこに別のカードを置く条件になる。

12ラウンドで、定着した植物マーカー、動物の種類、動物のペア、あめんぼの数、つながった川の長さ、各マスで最初にカードを置いたときにもらえる水マーカーの得点を合計し、勝敗を決める。

moorland

Match of the Century世紀の対決(Match of the Century)
ゲームデザイン:P.モリ、イラスト:K.フランツ、2人用、10歳以上、40~60分。

1972年夏、レイキャビクで開催されたチェス世界選手権の決勝戦で、アメリカのボビー・フィッシャーとソ連のボリス・スパスキーが「世紀の対戦」を繰り広げた。プレイヤーはこの2人となって、非対称のデッキからユニークな効果を持つカードを出し合いながら、相手の耐久力を削り、短期決戦での勝利を目指す。

5 Towers5つの塔(5 Towers)
ゲームデザイン:K.ラップ、イラスト:A.ヘラー、2~5人用、7歳以上、15~30分。

『ザッツ・ノット・ア・ハット』のラップによるカードゲーム。建築士となって高い塔の建設を競う。塔は5種類あり、各1つずつしか建てることができない。場からカードをたくさん取りすぎると、長い目で見たときの選択肢が狭まる。タイミングと勇気が問われる。

5towers

トリケッタ:隠れ狼(Triqueta: Hidden Wolves)
ゲームデザイン:S.ドラ&R.ツァリンデ、イラスト:A.ヘラー、2~5人用、7歳以上、30分。

春に発売された変形タイルのセットコレクションゲームに新しい動物が加わる。友好的だが内気なオオカミは物陰に隠れることを好み、ゲーム終盤にようやく出てきて高得点をもたらす。物陰には他のあらゆる動物も隠れているため、オオカミを取れないリスクも高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。