『ゲームメカニクス大全 第2版』6月15日発売、第1版との差分も同時発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

game-mechanics-taizen翔泳社は6月15日、『ゲームメカニクス大全 第2版 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け』を発売する。著:G.エンゲルステーン&I.シャレヴ、訳:小野卓也、調査協力:すごろくや、A5/728ページ、紙の書籍版・電子書籍版ともに4620円(税込)。

2019年に発刊された洋書”Building Blocks of Tabletop Game Design(卓上ゲームデザインのビルディングブロック)”の翻訳。ボードゲームデザイナー・愛好者以外だけでなく、デジタルゲーム研究者・開発者からも支持されて異例の売れ行きとなり、第2版(2022年発行)を反映して増補改訂されることになった。

古典的なカードゲームから現代のアプリ連携ゲームまで、数多のボードゲームのデザインをひも解きながら、「メカニクス」として徹底的に分解した「辞典」で、203(第1版から+19)のメカニクスを13のカテゴリーに分け、具体例を挙げながら解説する。また既存の項目についても改訂され、随所にカラー写真を掲載。ページ数も第1版から2割増となっている。

第1版から追加された項目は、ビンゴ、レイヤー化、スライド/プッシュ、マッチング、描画(以上アクション)、ホットポテト、フリック、スタックとバランス、ネイバースコープ(以上解決)、並べ替え(ゲーム終了と勝利)、演繹法、帰納法、質問と回答(以上不確実性)、リソースキュー(エコノミクス)、賭けとしての入札、オークション補償(以上オークション)、デッキコンストラクション、多用途カード、タグ(以上カードメカニクス)。ゲームデザインの最前線に触れることができる。

初版をもっている方には、上記の新規追加項目のみ電子書籍版で販売する。1100円、12月末まで。

翔泳社:ゲームメカニクス大全 第2版 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け
翔泳社:[期間限定・第1版からの新規追加のみ]ゲームメカニクス大全 第2版 ボードゲームに学ぶ「おもしろさ」の仕掛け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。