木を切ってアトラクションを設置『テンペニー・パーク』日本語版、4月27日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

tenpennyparkJアークライトゲームズは4月27日、『テンペニー・パーク(Tenpenny Parks)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:N.リンハート、イラスト:V.デュトレ、1~4人用、14歳以上、45~75分、8250円(税込)。

本作がデビュー作となるデザイナーにより、サンダーワークス(アメリカ)から2022年に発売された作品。魅力的なテーマパークを建設し、来場者数を競うワーカープレイスメントとタイル配置のゲーム。

ゲームは5ヶ月(5ラウンド)にわたって行われる。手番にはワーカーを配置して樹木を切り、敷地を増やし、売店を建て、アトラクションを設置していく。アトラクションの設置はパズルになっており、狭い敷地にいかに隙間なく配置できるかがポイント。

各ラウンドの最後にアトラクションの「スリル」「感動」「歓喜」トラックで評判を比べ、追加のワーカーなどの特典が得られる。5ラウンドで最も来場者の多いプレイヤーが勝者となる。

アトラクションは、海中を突き進むジェットコースターや超巨大迷路など35種類ユニーク。デュトレのイラストが楽しさを一層引き立てる。

内容物:ゲーム盤 1枚、土地ボード 4枚、拡張ボード 12枚、メリーゴーランド 1基、メリーゴーランド土台 1枚、売店タイル 40枚、早見表カード 4枚、目標カード 14枚、アトラクションタイル 35枚、アトラクションカード 35枚、ワーカーコマ 13個、評価ディスク 12個、樹木コマ 50個、ラウンドマーカー 1個、シャベルトークン 1個、VPトークン 70個、貨幣トークン 56個、ルール説明書 1冊(カードサイズ:63×88mm)

tenpennyparkJ2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。