今度は火星基地『ネメシス:ロックダウン』日本語版、10月6日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは10月6日、『ネメシス ロックダウン(Nemesis: Lockdown)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:A.クワピンスキー、イラスト・P.フォクソビッツほか、1~5人用、14歳以上、60~180分、27500円(税込)。独立型拡張で、単体でもプレイ可能。

2018年にレベル社(ポーランド)から発売された作品(日本語版は2020年)の続編。今度は同じポーランドのアウェイクン・レルムス社がキックスターターを経て製品化し、ゴールデンギーク賞でテーマ部門にノミネートされている。謎の宇宙生命体が蔓延する火星の秘密実験基地から生きて脱出することを目指しつつ、各プレイヤーには別々の目的があるという協力と裏切りのゲーム。

手札のアクションやアイテムを駆使して基地を探索し、脱出するための準備を進める。しかし各プレイヤーには秘密の目的があり、最後の最後で裏切らなければならないことも。

新要素として電力トークンやエレベーターを使用した移動、放射能が降り注ぐ火星表面の歩行などが組み込まれ、中でも「ナイトストーカー」と呼ばれる宇宙外生命体は、暗闇で最も脅威となるため、予備電源室などにある明かりの確保が生存の鍵となる。

精巧なフィギュアや、多彩なイベントがゲームへの没入感を高め、謎の生命体との遭遇やプレイヤー同士の裏切りなど、モンスターSF映画のような展開を楽しめる。前作のキャラクターやイントルーダーでプレイできるほか、ソロプレイルールも入っている。

内容物:ゲーム盤 1枚(両面仕様)、キャラクターボード 6枚、研究室ボード 1枚(両面仕様)、ナイトストーカー袋 1袋、ルームシート 2枚、スキャナー 1枚、ダイス 6個、カードホルダー 5本、ルームタイル 22枚、ルールブック 1冊、ミニチュア類 26体、カラーリング 6個、カード類 320枚、マーカー/トークン/留め具/スタンド類 245個、(追加ルール用コンポーネント)カード 54枚、ダイス 1個、トークン 10個

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。