重量級紙ペン『ハドリアヌスの長城』日本語版、8月11日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは8月11日、『ハドリアヌスの長城(Hadrian’s Wall)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:B.ヒル、イラスト:S.フィリップス、1~6人用、12歳以上、60分、7480円(税込)。

オリジナルは西フランク王国三部作などで知られるガーフィルゲームズ(ニュージーランド)から2021年に発売された。ゴールデンギーク賞でミドル級とソロ部門にノミネートされている。イングランド北部で壮大な長城を築き、襲い来るピクト族からローマ帝国を守る紙ペンタイプのリソースマネージメントゲーム。

プレイヤーは、ローマ皇帝ハドリアヌス(76-138)から長城建設を命じられた将軍の一人となり、6年(6ラウンド)の期間中に、もっとも得点を稼ぎ属州総督の座を勝ち取ることを目指す。

毎ラウンド、全員共通の命運カードに指示された資源と労働力を受け取り、全員同時プレイで、資源を支払って自分のシートのマスを塗りつぶしていく。長城だけでなく、拠点となる砦の各施設(闘技場、市場、裁判所など)も同時に成長させていかなければならない。

各エリアでマスを塗りつぶすことで新たな資源を手に入れたり、施設を建設できるようになったりするなど、シート上の要素があちこちで絡み合っており、どれくらいコンボを作れるかがポイント。

ラウンド終了時にピクト族が襲撃し、長城で守ることができないと得点が大きく減る要因となってしまう。シートの得点と、毎ラウンド、各自のデッキで設定した得点条件で勝敗を競う。ゲーム終了時に長城の強化と、施設の発展をいかに両立できるかが問われる。

ソロゲームでは、歴史に名を残した16の主要な砦を建設する一人用キャンペーンシナリオが楽しめる。

内容物:ルール説明書 1冊、ゲーム用紙 2セット各200枚、プレイヤーボード 6セット各2枚、資源コマ 50個、労働力コマ 90個、命運カード 48枚、プレイヤーカード 72枚(カードサイズ:54mm×86mm)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。