『アグリコラ:泥沼からの出発 リバイズドエディション』日本語版、8月上旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは8月上旬、『アグリコラ:泥沼からの出発 リバイズドエディション(Agricola: Die Moorbauern)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:U.ローゼンベルク、イラスト:K.フランツ、1~6人用、12歳以上、人数×30分、4950円(税込)。プレイするためには『アグリコラ:リバイズドエディション』の基本セットが必要。

2009年(日本語版は2010年)に発売され、長らく絶版となっていた拡張セットを新版に合わせてリニューアル。オリジナルは2018年に発売されている。全てのカードを改訂したほか、グラフィックをリバイズドエディションに合わせた。プレイヤーボードが森林と泥炭地になっており、また価値の高い馬が新たな家畜として追加される。

マイボードははじめ、指示された通りに森林タイルと泥炭地タイルが置かれており、アクションでタイルを取り除いていく。森林はアクションスペース「木を切り倒す」で草原にしたり、「焼畑」で畑にしたりする。また泥炭地は「泥炭を掘る」で燃料にして住居の暖房に使う。暖房が足りないと家族は病気になり、次のラウンドのアクション数が減ってしまう。

これらの新しい要素に焦点をあてた14の大きい進歩と117の小さい進歩が入り、さらに多様な展開が楽しめる。

内容物:増設ゲームボード1枚、追加のサプライボード1枚、森/泥地タイル52枚、木の部屋/畑タイル6枚、拡張農園2枚、ベッド(部品3つ)6個、木製の馬コマ25個、汎用カウンター10枚、特別マーカー2枚、燃料トークン55枚、代用マーカー6枚、カバーカード1枚、スタートカード9枚、特別アクションカード12枚、大きい進歩14枚、小さい進歩117枚、スコアシート1冊、ルールブック1部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。