ダンジョン主VSヒーローの推理と心理戦『シャイモンスターズ』日本語版、7月1日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すごろくやは7月1日、『シャイモンスターズ(Shy Monsters)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:S.ダラーニョ、イラスト:C.アルクーフ、2人用、10歳以上、15分、1980円(税込)。

オリジナルはオズエディションズ(スイス)から2019年に発売された作品。1人がダンジョン主としてダンジョンを作り、もう1人がヒーローとして脱出を目指す2人専用の推理とブラフのゲームだ。

ダンジョン主はタイルを伏せて並べ、ダンジョンを作る。その中に6種類のモンスターから2体を忍ばせるが、モンスターたちはシャイ(内気)で、決まったタイルの並びにいないとヒーローを襲うことはない。ヒーローは0~2枚をめくった上でダンジョンの入口から進み、モンスターに遭遇しないように伏せられたタイルをめくっていく。タイルの並び方から、モンスターのいるタイルをパズルのように推理していく。

危険そうな場所はタイルを1つ飛び越えられるジャンプや、モンスターを1匹だけやっつけられるアタックを発動して乗り切る。出口(伏せられたタイルのどこかにある)まで無事にたどり着ければ次の階層を作り、3界層制覇でヒーローの勝ち、その前にモンスターに襲われればダンジョン主の勝ちとなる。

推理ではどうしても特定できないところは、裏をかくか裏の裏をかくか、相手の性格も読んだ心理戦となる。一か八かの賭けをめぐって会話も弾む作品だ。

すごろくや:シャイモンスターズ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。