ボードゲームホテル「MIMARU大阪 難波STATION」レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪・なんばに今月オープンしたエンタメホテル「MIMARU大阪 難波STATION」にボードゲーム仲間6名と泊まってきた。ボードゲームだけでなく、人狼・マーダーミステリー・謎解き・宝探し・パズル・キッズ向けおもちゃなどバラエティに富んでおり、何泊も滞在したいホテルだった。

今回宿泊したのは左から秋山真琴(ミスボド)、朝戸一聖(タンサン)、小野卓也(当サイト管理人)、上杉真人(I was game)、田中誠(テンデイズゲームズ)、杉木貴文(engames)(敬称略)。なぜこのメンバーなのかは後述。

チェックインは15時。フリードリンクもある2階の共用スペースと「遊べる縁側」では数人がボードゲームを遊んでいた。

今回泊まったのは8階の人狼・マーダーミステリールーム。部屋には人狼ゲームのほか、いくつかゲームが置かれている。

寝室は2部屋に分かれており、人狼の脱落者待機部屋やマーダーミステリーの密談にも使うことができる。枕元にバックギャモンをあしらっていたり、ベッドの奥に2段ベッドがあったりと遊び心がいっぱいで胸が躍る。

同様に洗面所も2部屋あり、1つはバスタブつき、もうひとつはシャワールームになっている。これなら男女グループで使うこともできそう。

部屋に入って最初にしたことは「コインハント」。部屋の中に20枚のコインが隠されており、見つけたら番号を確認してチェックする。

このキッチンにもちょっとしたところにコインが! 6人で必死に探し回ったが、全部を見つけることはできず。

コインを探しながら、ひとしきりおしゃべりしたところで、謎解きゲーム「The Secret Room 秘密の部屋」に挑戦。フロントで予約をしてから制限時間内に、館内を回って謎を解く。謎解き愛好家の秋山さんが食い気味に解いていき、ホテルのどこかにある秘密の部屋にたどり着くことができた。

キッチンで自炊はできるが、近くになんばの飲食街が広がっているので外食がおすすめ。今回はみんなで串カツを食べてきた。

さてこのメンバーの話である。昨年7月のゲムマライブ2021で発表された新しいボードゲーム賞「ゴールデンボックス賞」の設立メンバーで、ようやくリアルで集まることができた。「ゴールデンボックス賞」とは、デザイナー・イラストレーター・プロデューサーなど、クリエイターに焦点を当てて優れた仕事を表彰するという、これまでにないコンセプトの賞で、部門やスケジュールや広報について話し合われた。詳細は後日当サイトで取り上げたい。

話し合いの後はボードゲーム。受付の時フロントからもらったマーダーミステリーは遊んだことがある人がいたため、持ち込みのゲームで夜中まで盛り上がった。こんな風に遠くに住んでいる知人同士、スケジュールを合わせて集まって、語らいながらゲームをするのはとても楽しい。今回、6人のスケジュールが合ったのは奇跡的だったが、また集まって遊びたい。

MIMARU大阪 難波STATION

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。