『西フランク王国の建築家:奇跡の大業』日本語版、6月17日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケンビルは6月17日、『西フランク王国の建築家:奇跡の大業(Architects of the West Kingdom: Works of Wonder)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:S.フィリップス&S.J.マクドナルド、イラスト:M.ドミトリエフスキ、1~5人用、12歳以上、60~80分、4290円(税込)。プレイするためには『西フランク王国の建築家』が必要。

西フランク王国3部作の最初の作品である『建築家』の、『職人の時代』に続く拡張セット第2弾。影響力と名声のある建築家だけが任せられる5つのモニュメントを建設する。王国中を移動して回る王女の指示を得、暴利屋の意向を汲まなければならない。

基本セットの美徳トラックとは別に影響力トラックが加わり、ゲーム中に影響力を使うとお金の支払いや美徳の低下を免除される。また、王女と暴利屋はメインボードのアクションスペースをランダムに回り、そこに労働者を配置したり、そこから労働者を拘束したりするたびに影響力や美徳を得られる。また闇市場のリセットではそれぞれボーナスとペナルティもある。

5つのモニュメントはそれぞれ木駒になっており、多大なコストを投じて建設するとアクションスペースにおいて自分だけのアドバンテージが得られる。よりダイナミックで変化に富んだ展開が楽しめる。

さらに新しい弟子カード、建物カード、報酬カード、プレイヤーボード、ソロプレイルール、キャンペーン型拡張『年代記』用の追加カードも入って、『西フランク王国の建築家』を徹底的に楽しめる作品となっている。

ケンビル:西フランク王国の建築家 拡張:奇跡の大業 日本語版(先行販売予約、5月29日まで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。