『デックスケープ:エルドラドの神秘』『デックスケープ:舞台の裏側』日本語版、6月17日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジーピーは6月17日、『デックスケープ:エルドラドの神秘(Deckscape: The Mystery of Eldorado)』と『デックスケープ:舞台の裏側(Deckscape: Behind the Curtain)』日本語版を同時発売する。ゲームデザイン・M.キアッキエラ&S.ソレンティーノ、イラスト・A.ボンテンピ、1~6人用、12歳以上、30~90分、各1518円(税込)。

60枚のカードデッキだけで遊べる謎解き脱出ゲームシリーズ。オリジナルはそれぞれ2018年と2019年にdVジョーキ(イタリア)から発売されたもので、『デックスケープ:実験の時』『デックスケープ:ベニスの怪盗』に続く日本語版第3弾・第4弾となる。全員協力して、カードを1枚ずつめくって謎を解いていくタイプの脱出ゲームで、途中でアイテムを入手すると使えるようになり、選択によってマルチエンディングになる。

『エルドラドの神秘』では、伝説の都市エルドラドを長い間探し求めてきたプレイヤーたちが、飛行機が墜落してパラシュート脱出するところから始まる。わずかな物資でアマゾンをさまよいながら、伝説の都市エルドラドを探し出す。

『舞台の裏側』では、謎の封筒で大マジシャンのマジックショーに招待されたプレイヤーたちが、脱出マジックに巻き込まれて舞台裏に閉じ込められてしまう。マジシャンのトリックを見破り、脱出することはできるだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。