東京神保町「Librest」5月3日再オープン、当面はボードゲームショップとして営業

Engamesは3月に閉店した東京・神保町のボードゲームカフェ「Librest」(地下鉄神保町駅徒歩4分)を、5月3日に再オープンする。平日13:00~20:00、土日祝11:00~20:00、水曜休(5月4日は営業)。5月中はボードゲーム販売のみで、カフェは6月からの予定。

「Librest」は2020年6月にオープンしたボードゲームカフェで、緑で覆われ、大木もある独特な内装が話題となったが、長引くコロナ禍の影響で今年3月に惜しまれつつ閉店した。これを受けて、富山のボードゲームカフェEngamesの杉木貴文氏が「この唯一無二の空間を何とか残せないか」と打診し、そのまま引き継ぐことになった。

Engamesは『Welcome to…』『イッツアワンダフルワールド』『キャンバス』『オルレアン』『キューバード』など、日本語版の制作にも力を入れている。店内ではEngamesの製品が購入できるほか、今後は「Librest」で先行販売や新作体験会などを進めたい考えだ。

森のボードゲームカフェ&ショップ Librest

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です