マーダーミステリーゲーム『最果亭の災禍』『カナリアは歌わない』4月23日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グループSNE/cosaicは4月23日、マーダーミステリーゲーム『最果亭の災禍』を発売する。ゲームデザイン:青木甲羅仲、アートワーク:タンサン、6〜8人用、15歳以上、180分、3520円(税込)。

ゲームマスターなしでプレイできるパッケージ型オリジナルマーダーミステリーシリーズ第13弾。これまでマーダーミステリールームでの公演型のみだった作品で、ファンタジー世界で繰り広げられる犯人探しに加え、マルチエンディングになっている。

魔族の支配地までそう遠くない、辺境の峠に「最果亭(さいかてい)」と呼ばれる宿屋があった。夕闇が迫るころ、続々と集結してきたのは、魔王討伐の為に集められた精鋭たち。「皆、よくぞ集まってくれた!さあ、今宵は大いに英気を養おうではないか!」高らかに告げた人物は「勇者」だ。勇者が酒杯を掲げた時、誰からともなく歓声があがる。その日の夕餉(ゆうげ)は大いに盛り上がり、やがて皆、しばらくは望めないであろう、心地よいベッドでの眠りにつくため、それぞれの部屋に向かった。翌朝、宿の主人の叫び声に驚き、全員がそれぞれの部屋を飛び出してみると、主人が悲劇の幕開けを告げた。「勇者様が死んでいる!」

はたして勇者を殺したのは誰か? そして魔王討伐の行方は……?

また同日、少人数で遊べる「マーダーミステリーミニ(MMM)」シリーズとして『カナリアは歌わない』を発売する。ゲームデザイン・川人忠明、アートワーク・タンサン、4人用、15歳以上、90分、2200円(税込)。

少人数・短時間で遊べるMMMシリーズの第6弾。プレイ時間はシリーズ最長だった第5弾『ムーンストーン邸殺人事件』と同じ90分でしっかり遊べる。

横浜港を望むホテル・ニャオウー(鳥巣)から転落死した女性は、テロ組織〈解放旗戦線〉を内偵していたCIAの潜入工作員“カナリア”だった! なぜ、彼女は死んだのか? 12年ぶりに企てられているというテロ計画との関係は? “カナリア”の「死の真相」を追及し、テロを阻止するため、2人のCIA工作員と、2人の公安警察官が捜査を開始する。緻密な世界観とハードボイルドなドラマが織りなす物語に浸って真相を究明しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。