『主計将校:前哨戦 拡張』日本語版、4月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホビージャパンは4月下旬、『主計将校:前哨戦 拡張(Quartermaster General: Prelude)』日本語版を発売する。ゲームデザイン:I.ブロディ、アートワーク&グラフィックデザイン:N.アヴァローニ、2~6人用、13歳以上、15分、2750円(税込)。プレイするためには『主計将校:第二次世界大戦の補給戦』が必要。

第二次世界大戦の列強国を率いて、補給戦の観点から自陣営を勝利に導く戦略級のカードドリヴンゲーム「主計将校:第二次世界大戦の補給戦」の拡張セット。オリジナルは2018年にグリグリングゲームズ(アメリカ)から発売された。第二次世界大戦前の数年間に列強諸国が覇権を争った「前哨戦」を描く。

各勢力は新たに加わった「前哨戦カード」のデックを受け取り、各プレイヤーは自分の手番で、この「戦争への準備段階の出来事」である前哨戦カードをプレイする。《独ソ不可侵条約》《1936年スペイン政変》《満州事変》などの歴史カード、《戦車に注目せよ!》《アメリカ陸軍航空隊》《冬戦争》などの軍備カードがあり、事前に勝利点を得たり、軍隊を設立したり、他国の軍隊コマを除去するなどで自国に有利な状況を導くが、軍備のためにカードを使いすぎたり、歴史によって軍事的緊張が高まりすぎると、第二次世界大戦が勃発してしまう。

その後で本体ゲームをプレイするが、状況が引き継がれるため、実際の歴史と戦争開始時の状況が大きく変わることも。歴史のifを考えられる拡張セット。先に発売されている『主計将校:総力戦 拡張』とも組み合わせられる。

ゲームの内容物:緊張トラック 1枚、前哨戦カード 109枚(6デック)、ルールブック1冊

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。