肛門で語る人生(Life Told through the Anus)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2桁数字のオークション

「肛門にまつわる経験」をほどほどに語って、お供え物を集めるオークションゲーム。パッケージやタイトルからするとシモネタのコミュニケーションゲームだと思うが、「肛門にまつわる経験」を語ることはなく、配られた手札で2桁の数字を作って競りをするというシステマチックな作品だ。

5枚の手札には0~5の数字があり、このうち2枚を組み合わせて、順番に2桁の数字を作り(肛門にまつわる経験談を表す)公開する。一番大きい数字を作った人がこのラウンドの「お供え物」(得点)をゲットする。6ラウンドで得点の合計を競うが、その前に各ラウンドの2桁の数字と、残り手札による3桁の数字を合計して、一番多かった人(経験談を多くしすぎた人を表す)は脱落となる。

0のカードには「下僕」と「もんこう様」がおり、下僕だけなら下僕勝ち、下僕ともんこう様がいればもんこう勝ち、もんこう様だけならもんこう負けになるという逆転要素もある。

40以上は危険なので35くらいで競り落としたいところだが、手札はそんなにうまくいかない。また1、2、3を多用していると4,5が残り最後の3桁がきつくなる。そんなマネージメントも後半楽しめる。

肛門にまつわる経験を実際に語りあって、一番インパクトのある話をした人がお菓子をもらうゲームだとしたら、インパクトの強すぎる話をすると、恥ずかしいレッテルを貼られる恐れがあるので、できるだけ小出しにするんだろうなと推察する次第である。

肛門で語る人生
ゲームデザイン:蜂須賀敏浩/イラスト:ササリヒノエ
トイドロップ(2021年)
3~5人用/8歳以上/15分
通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。