社団法人ボードゲーム、マルチ商法とは無関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京地裁は今月1日、社団法人ボードゲームとボードゲームカフェ「ONE」がマルチ商法に関わっているという記事を投稿したブログ(現在は閉鎖)について、そのような証拠はないとして、風評被害と名誉・信用毀損による損害を認め、ブログの投稿者に合計60万5千円の支払いを命じる判決を出した。

裁判は社団法人ボードゲームの代表理事であり、ボードゲームカフェ「ONE」経営者の岩田慎太郎氏が原告となって行われた。裁判の中で岩田氏は、過去にマルチ商法団体のニューウェイズ(現在のモデーアジャパン)に加入していたことはあるものの、2010年から勧誘を行っておらず、ボードゲームカフェ「ONE」がオープンした2019年には会を脱退していると主張。また、日本プロカタン連盟にも関係していたが、連盟内で勧誘はしておらず、社団法人ボードゲームが日本プロカタン連盟という名称で活動していた事実もないとした。

被告となったtomohiro氏はかつて岩田氏とニューウェイズに加入していたが、Twitterの噂に基づいて記事を作成。しかし証拠は提示せず、「どこまで真実なのかは不明です」と補足していた。結局、裁判でも証拠は提示されていない。

東京地裁は裁判の結果、このブログ記事がボードゲームカフェ「ONE」と岩田氏本人、そして社団法人ボードゲームについて名誉と信用を毀損したとし、ブログの根拠となったツイートについても根拠が示されていないとして不法行為を認定。カフェの営業に支障を生じさせた可能性があり、精神的損害を与えたとして、慰謝料として10万円、無形損害の補償として30万円、弁護士・調査費用として20万5千円の支払いを命じた。

判決内容は、社団法人ボードゲームのブログに掲載されている。当サイトではこの判決を受けて、裁判で認定された事実と異なるところがあった過去記事「社団法人ボードゲーム、ボードゲームカフェ開店で批判相次ぐ」を削除した。

社団法人ボードゲーム 会長のブログ:社団法人ボードゲーム に関する風評被害及び名誉毀損損害賠償請求裁判のご報告について

社団法人ボードゲーム、マルチ商法とは無関係」に3件のコメント;

  1. 事実無根の内容を例え引用であっても拡散した責任をどのようにお考えですか。
    この記事の内容に謝罪の文字はございませんが、引用元の内容に誤りがありうちは騙されただけなので拡散した責任はないとのお考えですか。

    1. 当サイトでは同団体がマルチ商法に関与しているという記事を出したことはありません。削除された記事のうち事実と異なっていたのは「前身が日本プロカタン連盟」という部分で、愛好者から批判された点はマルチ商法と関係のないものです。なお岩田会長にはメールにて謝罪を行っております。
      今後はなお一層、ファクトチェックを努めて参ります。

      1. マルチ商法云々は存じ上げません。

        >社団法人ボードゲームが日本プロカタン連盟という名称で活動していた事実もない
        この点については、ご自身が下記blog(魚拓)で
        >この団体を、会社にしようと。
        と述べているように、社団法人ボードゲームは日本プロカタン連盟の実質的な後継団体と言えるかと思いますが。
        https://megalodon.jp/2022-0726-1345-31/https://ameblo.jp:443/qqke3cc9k/entry-12431366269.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。