エッセン・シュピールがニュルンベルク・シュピールヴァーレンメッセ傘下に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュルンベルク・シュピールヴァーレンメッセ社は今月1日、フリードヘルム・メルツ社からエッセン・シュピールの主催を引き継いだことを発表した。会場・日程・内容などの変更はなく、メルツ社のD.メツラー代表は今後、事務局長としてこれまで通り運営にあたる。

エッセン・シュピールは1983年にスタートした世界最大のアナログゲームイベント。しかし2020年はコロナ禍で中止、2021年も4日間で参加者93600人と、2019年の209,000人から大きく割り込んでいる。今回の経営統合にあたってD.メツラー氏は「私にとって重要だったのは、将来にわたってシュピールのユニークな性格が維持されることです」とコメントしており、コロナ禍が長引く中、従来の体制での経営が難しくなってきたことを示唆している。

ニュルンベルク・シュピールヴァーレンメッセは1950年から毎年1月末から2月初頭の時期に行われている総合玩具見本市で、大手のボードゲーム出版社も出展している。主催のシュピールヴァーレンメッセ社は「業界から業界のために」という理念で活動を行っており、玩具見本市だけでなく文具見本市や、インド・ムンバイで『キッズ・インディア』という見本市を主催している。

広報担当取締役のC.ウルリヒ氏は「私どもはシュピールヴァーレンメッセとシュピールという全く異なるコンセプトの見本市を運営することになりますが、扱うテーマは重なる部分も多く、相乗効果を生み出していくことも可能です。シュピールの特徴を変えることなく、シュピールと共にボードゲーム業界における責務を拡充してまいります」とコメントしている。

シュピール’22は10月6~9日にドイツ・エッセンのメッセ・エッセンにて開催される予定。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です