ローマの港でマンカラ交易『オスティア』KS限定で9月発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うちばこやは9月、『Ostia/オスティア』を発売する。ゲームデザイン・戸塚中央、イラスト・ウラベロシナンテ、アートワーク・別府さい、2~4人用、14歳以上、100~120分、7200円(税込)。キックスターター限定で本日から2月21日午前中まで受け付け、一般発売の予定はない(サイトは英語だが、製品には日本語ルールが付属する)。

『アマルフィ』『アクアガーデン』と話題を集めてきたうちばこやの新作。紀元103年にトラヤヌス帝が拡張整備したローマの港オスティアで大船団のオーナーとなり、商人や貴族に船を貸し、得られた資金や資源を使って事業を拡大させたり、麦などのさまざまな需要に応えて名声を競う。

アクション選択はマンカラのメカニクスで、個人ボードにある6エリアから1つを選び、そのエリアにある船を時計回りに分配して、最後の1個を置いたエリアのアクションを行う。アクションは移動、造船、注文、建築、交易、監督があり、勝利点を獲得したりアクションを強化したりする。

移動ではメインボード上の自身の船を4つのゴールのいずれかに向かって進め、道中で資源やトップ通過ボーナスを獲得できる。造船では個人ボードの船を増やしたり、強化して新しい船を出航させたりする。注文で資源を勝利点に換え、建築で港の使用権を獲得して建物をアクションエリアに置いてアクションを強化する。交易で港の効果を使い、監督はほかのアクションを2回実行できる。

アクションの強度はエリアにある資源の数に対応するが、資源はアクションを選んだエリアで増えるため、計画的にアクション選択していかなければならない。ゲーム中に褒賞を得ることで得点効率が上がっていき、いずれかのアクションがやり切られたらゲーム終了となって、建物・船・アンフォラの勝利点などの合計を競う。

得点源はたくさん用意されており、どこを重点的に進めていくか考えながら、効率的なアクション選択をする必要がある。豪華コンポーネントとアートワークも注目の国産重量級ゲームだ。拡張セットやアップグレードパックを加えたプランも用意されている。

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。