どんなキジュンで勝ったの?『ワードッチ』2月24日発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アークライトゲームズは2月24日、『ワードッチ』を発売する。ゲームデザイン・ニルギリ(するめデイズ)、アートディレクション&デザイン・TANSAN、3~8人用、6~99歳、5~10分、1320円(税込)。

オリジナルはゲームマーケット2021春にするめデイズから発表された『どひょ〜!どんなコトバもワードスコイ』。アークライト・ゲーム賞2021で最優秀賞作品に選ばれ、厳選した81キジュン、243ワードを収録して製品化された。

親プレイヤーがキジュンカードを引き、今回の隠し基準が決められる。他プレイヤーはワードカードでエントリーして勝負。勝負を繰り返すうちに、キジュンを推理していく。だいたい予想がついたらいよいよ本番で、各プレイヤーが自分が勝てると思うワードを出し、勝敗を決める。

基準を当てるゲームではないところがポイントで、全くわからない状態のスタートから、ハチャメチャなワードをテンポよく投げまくる中で、意外なワードが勝つ盛り上がりと、最後にキジュンが明かされたときのなるほど感が楽しめる。水平思考ゲームと大喜利ゲームを掛け合わせたようなコミュニケーションゲームだ。

アークライトゲームズはこの作品を「キャラメルシリーズ」第1弾と位置づけ、「小さい・かんたん・超楽しい!!」をコンセプトに今春から今夏にかけて第2弾、第3弾も発売する予定。

内容物:カード 81枚、説明書 1枚(※カードサイズ:63×44mm)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。