ニュルンベルク’22:シュピールヴィーゼ出版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレームワーク(Framework)
ゲームデザイン・U.ローゼンベルク、イラスト・L.ジーグモン、1~4人用、8歳以上、30分。
一昨年のドイツ年間ゲーム大賞を受賞した『ノヴァルナ』に続くローゼンベルクのパズル系タイル配置ゲーム。場からタイルを選び、自分の前に並べていく。タイルには何色のフレームを何枚つなげるかというタスクが記されており、そのフレームが連続でつながっていれば達成となってトークンを置ける。トークンを先に使い切ったプレヤーの勝利。相互参照を多くして効率よく達成することを目指す。
場にはプレイヤー人数+1枚のタイルが並べられ、スタートプレイヤーからドラフトしていき、最後に残った1枚はスタートプレイヤーが引き取らなければならない。

ファイフ(Fyfe)
ゲームデザイン・コーシュ、イラスト・L.ジーグモン、2~5人用、8歳以上、30~45分。
南国のビーチを舞台に、掘り出し物をアレンジして得点を競うパズルゲーム。自分の番には袋からトークンを引き、リザーブにある2枚のうちどちらかを5×5のボードに配置する。縦5列、横5行、対角線2本の12ラインに得点ボードを差し込み、1~5の数字が連続、同じ色、異なるシンボル、1色のトークン3つと他の色のトークン2つなどの条件を満たすと得点になる。先取りボーナスや、同時達成ボーナスもあり。困ったときにはラッキータイルの効果も使える。25回ですべてのマスが埋まったらゲーム終了で、合計得点を競う。

アニモーション(Animotion)
ゲームデザイン・B.フェデュッティ&N.グランペラン、イラスト・P.フォンタニエ、3~8人用、8歳以上、20分。
ちょっと変わった動物のモノマネゲーム。ギガミック社から2014年に発売された『アニマルサスペクト』のリメイク。6枚の形容詞カードと6枚の動物カードを並べ、「優柔不断なワシ」など、ダイスでランダムにお題が指定される。それをモノマネで表現して、最初に当てた人がカードを獲得する。ドイツ語、フランス語、英語、スペイン語対応。

リメンバー(reMEmber)
ゲームデザイン・A.ジョヴ、イラスト・J.テージング、3~5人用、8歳以上、10~30分。
同社から2018年に発売された『色(Farben)』に新しい単語を加え、協力ゲームにしたコミュニケーションゲーム。各プレイヤーは12色のカードを持ち、めくられた単語に対してストーリーを話しながら色を割り当てていく。もちろんストーリーの中に色名を入れてはいけない。最後にどの色をどのようなストーリーで割り当てたかを皆で思い出し、間違うと減点になって、成績をつける。

投稿者: おの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。