オボンダービー(Obon Derby)

ご先祖様に早く帰ってきてほしいあまり

お盆のお供え物として飾られる足を付けたキュウリやナス。ご先祖様が早く帰ってこれるようにという願いが込められた「精霊馬(しょうりょうば/うま)」である。これをテーマにした粋なゲームがゲームマーケット2021秋に発表された。発売したのは『ソクラテスラ』『サメマゲドン』のAzb.Studioで、今回もカードの組み合わせで変な精霊馬が作られる。

ゲームボードと馬コマがあり、ランダムに割り当てられた順番でカードを出し、その効果を使ってゴールを目指す。カードの効果は「1マス進む」といった単純なものから、「同じマスの馬を1頭戻して1マス進む」といった足の引っ張り合いになるものまでさまざま。手札を使い切ったら配り直してレースを続ける。

だいたい3ラウンドぐらいで誰かがゴールするようだ。ゴールしたときに出していたカードはディスプレイに並べて讃えられ、先に2勝したプレイヤーの勝ちとなる。3ラウンド目の順位決めで上位を引ければだいたい勝利できるが、たまに肝心のカードが手札になくて勝利が転がり込んでくることもあった。

キュウリやナスばかりでなく、バナナや缶チューハイやエビフライなど、およそ精霊馬にふさわしくない素材もあり、レースが終わるたびに優勝した精霊馬の鑑賞会を楽しめる。

オボンダービー –合体精霊馬グランプリ
ゲームデザイン&イラスト・Azb.Studio(2021年)
2~6人用/10歳以上/15~30分

追記:日経新聞の取材が来たとき皆が真剣に遊んでいたのはこれである。

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です