フクロウがいる村(In Windes Eule)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何となく」でもスピード重視

魔法の世界を舞台に、森、港、山、4つの村に手札の動物をリアルタイムで出して得点を競うスピーディなゲーム。『ゲームオブトレイン』『ネイティブ』のロシア人デザイナーチーム「トレーグラニック」が制作し、今年ツォッホ社(ドイツ)から発売された。

中央に場所を並べ、各自自分の色のカードを混ぜて山札にしてスタート。手番順なしで自由に、自分の山札からカードをめくっては好きなところに置いていく。誰かが置き終わって声を上げると他の人はもう置けなくなるので急いだほうがよい。

得点方法は場所ごとに異なる。

  • お城は動物の種類に関係なくカード枚数比べ。多く置いたプレイヤーから3,2,1点。
  • 港は動物の種類ごとに一番最初に出したプレイヤーだけが1点ずつ。
  • 森はプレイヤーごとに1枚だけ出している動物が得点
  • 村は全プレイヤーの合計で最も多い種類の動物が1枚1点。

ただし村では猫とネズミのチェックを行う。猫がネズミの数以上いれば猫にボーナスが入り、ネズミのほうが多ければその村での得点計算は行わない。

このルールを聴くと記憶力が重要そうだが、リアルタイムのため確認して覚えて出すというスピードでは到底間に合わない。「この村には何となく〇〇が多いから出しておこう」「この村はネズミでつぶそう」「ネズミが出てきたからネコで退治しよう」というようなことを何となく考えながらプレイするには、一瞬の判断力と感覚が試される。

3ラウンドの合計で勝負。ラウンドが進むにつれてコツがわかってきて、素早く確実に得点できるようになっていく上達曲線が心地よい。

In Windes Eule
ゲームデザイン・A.コノフ&A.パルツェフ&A.シクリャロフ
イラスト・A.ユング/ツォッホ出版(ドイツ, 2021)
2~4人用/8才以上/10分
メビウスゲームズ:フクロウがいる村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。