橋(Hashi)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あちら架ければこちら架からぬ

雑誌『ニコリ』発のパズル「橋をかけろ」を元にしたドイツのフリップ&ライトゲーム。カードをめくって出てきた数字と橋をマイボードに書き込む。都合が悪いなら数字か橋、またはその両方をスキップしてもよい。ルールは「橋をかけろ」と同じで、

  • 島同士を線(橋)で結ぶ
  • 線は水平・垂直方向のみで、他の線と交差しない
  • どの島の間にも2本までしか橋は引けない
  • 数字はその島から引かれる橋の数を表す

パズルではなくゲームになっているのは、指定された島(赤い旗、青い旗、6つの島)の完成が早い順にボーナスがあるところ。最後に完成した島とボーナスの合計で勝敗を競う。

最初のうちはどこにでも書けるので気楽だが、だんだん真綿で首を締められるように選択肢が絞られ、あきらめざるを得ない島が出てくる。「こっちに書いておけばよかった!」と思っても後の祭り。まだ出ていないカードの順番で運の要素はあるものの、中盤ぐらいから「あちら立てればこちら立たず」があちこちで発生し、非常に頭を悩ませる。早い者勝ちのボーナスなど考える余裕もないくらいだった。

Hashi
ゲームデザイン・J.D.アラース/アートワーク・不明
ニュルンベルガー・シュピールカルテン出版(ドイツ, 2021)
1~4人用/8才以上/20分

投稿者: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です